■Facebookでも随時更新しております!

https://www.facebook.com/ukulele.support



■2017年3月26日 ココロから笑顔いっぱいの音楽交流会開催!
おらくにおでんせ in 宮古 オオキニの絆 岩手日報様にて掲載いただきました

0326_orakuniodense.jpg

■ 演奏活動報告 こちらより

2017年06月22日

神奈川県立こども医療センターへ

ずっとお邪魔したいと思いながら機会をつくれずにいました場所。

神奈川県立こども医療センターにお邪魔させていただきました。

東北の絆でも、お世話になりますFM戸塚のパーソナリティ 相浦やよいさんに
貴重な機会をいただきました。

神奈川県立こども医療センター
kodomo-iryou01.jpg
患者さんは、県外からだけでなく海外の方も
いらっしゃるそうです、

他の病院では診療が厳しい、
重度の障害のある子供達、
病気をかかえた子供達が利用したり、
親元を離れて長期の入院生活をしたりで、
併設で学校もあります。

近くには、患者さんと家族のための
宿泊施設もあります。
あわせての見学をさせていただきました。

各階をまわらせていただき
担当の方から案内いただきました。

とても貴重な機会をいただいて
入院しているこどもたちの様子も
さまざまな様子、

車椅子で、元気に動き回ることどもたち、
相浦やよいさんには、ラジオの絆の番組の 
「東北の絆」のコーナーでレレサポは
出演の機会をいただいております。

同番組内「ラジオからこんにちは!」にて
こども医療センターと
地域の方を結ぶ番組があります。

パーソナリティ 相浦さんは、
医療センターに機材を運び 
公開生放送されたり、
ハロウィンには、変装してのサプライズで子供達と交流を継続していらっしゃいます。

子供たちに元気を送りつづけ 
寄り添いつづけ
ラジオから いつも元気をいっぱい送りつづけています。

東北へも、こどもたちへも、地域の方々にも、

ラジオパーソナリティーは、
看護師さんと重なるところがあるという
お話をお聞きして、

以前、災害FMで、お話されてる方から
何を伝えたらいいのか
苦悩されたお話をお伺いしたことを
思い出しながら、

ラジオパーソナリティー 相浦さんの
毎週のラジオからエールを送られる
人並みならないばかりのパワーを
改めて感じました。

今回の見学でも、
さまざまな異業種の方々、
ラジオの絆のスポンサーの企業さまとも
ご一緒させていただきました。

いろいろ、お話もさせていただきました。
素敵なラジオの絆の輪のご縁をいただきました

人を繋ぎ、ご縁を繋いでくださいます相浦さんは、とにかくとにかく、
凄いパワーあって
皆さまを元気にする方です。

ラジオを通し子供たちの様子や夢や想いを、
地域の方々にも、届けてくださってます。

相浦さんの取材映像もあります。

以前にも 紹介したかと思います。
 「ラジオからこんにちは!」は
NHKさんで 全国放送で紹介されました。

放送後、相浦さんのもとへ、
さらに関心をうけて
新聞記事でも まるまる一面の記事にも紹介されたりと、番組をみられて感銘をうけてご連絡をされた方もいらしたとお聞きしてます。

毎週、 東北へのエール、 
そして 病気と向き合う子供達へエールを
送り続けている相浦やよいさんとの出会いは
私にとっても大きな存在であります。
kodomo-iryou02.jpg
行動されるチカラ、
人と人をつなぐチカラ、
ラジオからたくさんの愛と元気を届けるチカラ。ハンパありません。。

神奈川こども医療センターへも
たくさんのパワーを
送り続け、人を繋ぎ
皆さまで、応援しようと
輪を繋いでいきます。

ワタシも相浦さんから
パワーをもらうばかりです。

戸塚から東北へのエールを送らせていただく中でラジオに出演させていただき
報告させていただいたり
東北へ活動を続けてきた中で
毎週生放送でお届けされる
東北の絆の番組があることは
大きな支えであります。

そして、今回の見学会では
ラジオの絆のスポンサー会社の代表様はじめ
どうしたらそれぜれに、
社会にてご活躍されている素晴らしい方々
との異文化交流なるなかで、
ご一緒させていただけたのやらで、
貴重な機会をいただいてまいりました。

相浦さんと繋がりある皆さまは、
FM戸塚にてスポンサーされてる有力企業の社長さまとも、同席させていただくなかで

それぞれに、素敵な方々であり
ご活躍されてる皆さまですから、
また、どえらい方々なのに、
気さくにお話をさせていただきました

凄い方は、本当に凄い、
だけに、ふところも、でかい

そして、愛があふれ、社会貢献にも
ご尽力されています

企業の話も、開発の話やらも
それは、それは、興味深いお話も
聞かせてもいただきました、

技術のチカラで、支援されて
医療支援センターには、
しゃべるポストがあり
ラジオの絆へのメッセージボックスを
イラストの方、技術の方、
それぞれに、出来ることで、、
協力しあえて、

誰かの笑顔と元気のために
助けあえることは、
本当に、皆さま、素晴らしい
活動をされています


相浦さんが、東北へ、こどもたちへ
ラジオからこころの支援を
続けられるからこそ

皆さまが、こどもたちを支えたいと
アツイ思いで見学に参加していることが
感じられ、本当に貴重な機会をいただいて
参加させていただきました

まだまだ、これから戸塚にて
活動していく私どもには、
ありがたいほどに、
こころ強いばかりな
出会いをいただきました
出来ることをと動きだしました。

皆様と 地域交流を
紡がせていただけたらと 
今回の機会は ワタシにとって
本当に、大きな1ページの機会でもありました

あまりにも、素敵な方々と
お会い出来たばかりに、
ご縁な話しばかりしましたが、

新しいことに、向き合う機会を
いただきました

重度の病気と向き合う
こどもたちが、笑顔と元気で
活きて欲しいと願い心を寄せ
音楽を通して、レレサポが
出来ることで、なにか出来たらと
思います

同席いただきました総長さまとも
お話をさせていただいたり
本当に、貴重な機会を与えていただきました

相浦さん、ありがとうございます。

協会の活動も 
変わらずに三陸復興への
交流活動は継続していくなかで、
地域で社会貢献活動を軸におきたく
私は、神奈川こども医療センターでの活動を
考えていました。

今回は、スポンサーされてる企業さまの
既に、とりくまれている
お話を聞かせていただいたり
さまざま、いろいろなことを
知る機会をいただきました。

私どもは、音楽を通し、出来ることを

見学で、会えたこどもたちの中には、
一見、この子はなんで入院してるのかなと
わからないくらいに、
普通に振る舞い 挨拶してくれたり

音楽ボランティアの方々が演奏して
くるくる私の周りで 踊りだした女の子が
いたのですが、、
足は、がっつりと、 補助器具て片足を
かためられてたりながらに
音楽を楽しんでる様子や、
ボランティアの方々に歩み寄り
一緒に楽しんでる様子も
見させていただきました。

こどもたちの
さまざまな施設で、
それぞれの空間にて
過ごしてる様子なども、
見学させていただきました

今回 ご一緒させていただきましたおひとり。
NHK 大河原さんの取材映像はこちらから。

すばらしい取材内容です、
相浦さんの活動が 子供たちを元気にしている様子も伝わってきます。

今回、、

私自身が、
地域でも社会に貢献したいという活動の中で、
なにかできないかと思いながら、なかなか動けなかったのですが

この こども医療センターで ボランティア活動が出来たらというのが
かれこれ お邪魔したいと1年以上前から、考えていながらも
ようやくの機会をいただきました。


見学してる移動中にても、
とても貴重な施設の様子を垣間見ることができます

kodomo-iryou03.jpg

ロビーにてみかけました 七夕の短冊の願い。。。

胸がぎゅーっと しめつけられる中で、さまざまな願いを拝見しました。

親御さまからの お子様の健康を思う願いは 親御さまの苦しみさえも
感じるばかりの願いながら、、 このたくさんのオモイが叶いますようにと
願うばかりでした。

学校へ通う子供たちがかえる時間とのなかで見学をさせていただき
病室にランドセルをせおって帰ってくる子供達。

一見 見た目は普通に見えるのですが。。って子供たちもいれば

出来る限り自由に動いてもらって見守っているエリアでは
車いすで 元気にとびまわる子供たちの姿を拝見したり。。

ほんとに さまざまな病棟で 小さな命、子供達が病気とたたかいながらに
元気な様子を活きている、、、 そんな様子を見学させていただきました。


そして ファシリティドッグ 「ベイリー」にも 会えました。
kodomo-iryou04.jpg

こどもたちの検査につきあったり、 歩行訓練を手伝ったり
治療に関わる活動を補助する常勤のベリー。

子供たちのストレスや不安を解消したりと とってもひとなつこく
みんなの癒しともなって 大活躍のファシリティドッグでした

そして。 患者さんとご家族の宿泊施設も お邪魔させていただきました。
すべてがボランティア活動で運営されている施設なのです。。
さまざまな支援、差し入れなどを皆様と共有し、
治療に専念する子供たちにつきそいの家族のココロのケアを
この施設の皆様が あったかい寄り添いのなかで
ご家族のココロの支援にも尽力されていることなど

お邪魔させていただいた際に 
拝読させていただいた
メッセージで、触れる機会をいただき
親御さんの子供への看護の中での 苦しさからの緩和。
寄り添い支えられた様子などを おすそわけいただきました。

入院する子供の兄弟のケアを含めての支援も
とても大事なことを心掛けられていることも
すごく感じました。

子供たちが よりよく生きていくための支援の場にて
楽しく、笑顔と元気を届けられたら、、、 

私自身は まだまだ微力ながらにも
一緒に楽しむということが
出来たらと思っております。

いろいろ 書きたいこともあるなかに
オモイがあまりに巡る中にて

集合前にロビーでボランティアの方の演奏がはじまり
音楽が流れたときに 子供たちが オモイオモイに
集まったり、動き出したり、、
癒しのひとときを楽しみにされている様子を垣間見ましたのも、
印象に残っています

貴重な機会を与えていただきました
小さな命を守る為に
ご尽力されている医療施設にて
改めて、自分たちができることを考える
貴重な機会ともなりました

書ききれませんが心に刻み 
新たな一歩となった
本日の貴重な機会でした、、、

廻りゆく命をオモイながら
小さな命との出会いを
重度の病気に向き合う小さなこどもたちとの
貴重なばかりの一期一会でした

案内くださいました
神奈川こども医療センターの中にて
それぞれヘッドとなり
ご尽力されている皆さまに
案内いただきました

本当に貴重なばかりの機会を
ありがとうございました

posted by レレサポ事務局 at 22:21| Comment(0) | 活動記録