2018年03月13日

3.11 を迎えて。新年度を迎えるにあたって、、  C

今年度のしめくくりとして、3.11を迎えて書いておきたいことを
ブログで更新させていただいております。

東北で、被災されても頑張られている方がいます。
離れた地域でも応援してくださっている方、
私たちの活動に手を差し伸べてくださる方もいます。

2月のレレサポアニバーサリー企画でも東北の地で、
音楽で元気を届けようと一緒に動いてくれた仲間達もいます。
東北の地で、ご縁をいただき一緒に活動してくれる仲間がいます。

それぞれに思いを重ね、想いが一緒なら、
そのときおりに、あえた皆様とともに現場でチームワークを発揮できることで
素晴らしいイベントを開催することが出来るということも
今年度の活動でより感じたことでした。

さて、今回、紹介したいお仲間お友達&家族&お世話になる方がいます。 
何度も、レレサポの活動報告の中でも登場していますが

まずは田老に、田老児童館でもムードメーカーで、
周りの方を元気にする田老のアイドル けんちゃん。

宮古の活動では、タイミングさえあえば、一緒にステージにも
出演してくれたりの心強い仲間です。

ケンちゃんは、震災のひと月前生まれ。
kenchan.jpg

こんなにも元気いっぱいで、いつも、周りのことも気遣って
妹の事も面倒みたりと、優しく元気にそだった男の子、

ご両親が震災時も、大変な思いをされながらも、
愛情いっぱいに育てているからこそ、元気いっぱいに育っている様子が、
周りを元気にし和ませてくれます。

私たちが、田老の子供達と演奏したりと、児童館が閉館したあとも交流を続けてこれたのは、
ケンちゃんのご両親のご協力もあってであります。

そして、子供達の可能性、地域のためになにかしようと
被災された地域のみなさまが自家発電を発揮して活動していたのが
田老児童館でもありました。
ここの館長さんだった三浦先生はじめ、先生方のパワーも
ハンパありませんでした。

みなさまと、ともに地域の活動が出来た事、
児童館は昨年の3月で閉館しましたが、その後も
ご一緒する機会を重ねてきました。

保護者の理解があってこそ、いろいろ館外での活動でも動くこともできます。

ケンちゃんパパがまた、人格者であり、率先として動いてくださるし、
相手の負担も、出来る限り減らしながら対応していく気遣いの人。
今年度の元児童館の子供達の活動の調整などのあれこれのやりとりの
窓口となって対応もくださいました。

また、熊本の震災があったときも
いち早く、田老児童館の当時の館長三浦先生と、募金を募ってくださった方です。

for-kumamoto.jpg

熊本の地震にふれ、いちはやく、お水や、トイレットペーパー、
物資を送りたいとも連絡をくださいました。
熊本から応援くださる皆様のことをきにかけ
連絡をくださり動き出してくださったのも田老児童館の皆様でした。

熊本の皆様の助け合い精神もハンパ無くて、
熊本のウクレレ仲間の だんちょう、なっちが田老児童館のみんなに、
そして、デイジーさんをおどろかそうと、サプライズで昨年の春には
遠路はるばるもはるばるの中に、熊本から大移動にてかけつけてくださいました。

kumamoto-tarou.jpg

来てくれるとメッセージをいただいたときには、
どれだけおどろかされたかで電車中で、大声あげてしまったものでした

taro-kumamoto2.jpg

昨年のアニバーサリー企画で、こんな共演のステージでステージ上でも夢のような
共演の中で、会場に元気をいっぱいに届けてくれた皆様なのでした。

そして、熊本も、まだまだ避難生活を強いられ、復興に向かっています中でも
昨年の夏に、デイジーさんが熊本へ足を運ばれた時にも、ご支援をお預かりさせていただいて
私たちの活動をサポートくださっています。

taro-kumamoto3.jpg

宮古に足を運んでくれただんちょうはじめ デイジーさんの隣で写られているひろみさんは
昨年に結成10周年をむかえたグループ 「スイカ」。
熊本で、沢山の方に笑顔と元気を届けるウクレレエンターの皆様です。

そんな皆様が、東北へもパワーを送ってくださいます。
ハロウィンプロジェクトの際にも、みなさまと協力してくださり
ものすごい数のあめちゃん首飾りを作ってくださり、協力くださいました。
震災があった年にも変わらずですよ。。 本当に、、凄い人たちです・・

そして黄色いTシャツの方は くまもん体操の曲の生みの親。 ボンボさん。
デイジーさんの隣は、あれこれ熊本入りの際にもお世話になる たけさん。

お世話になってきた熊本のウクレレで出会えた素敵な皆様とのご縁があって
お世話になっております。

いつも、周りの皆様に助けてもらい、協力いただき、支えていただいてもらってますが、
熊本のみなさま、ご自宅や、事務所、、それぞれに被災されて大変な経験をされて
まだまだ、完全復興していない中でも、こうやって手を差し伸べてくださるのですから。。

大変な時こそ、人の本質が見えてきますが、、
もう、、ホントに、助け合いの精神、思いやりの深く
そして、前に進もうというパワーもいっぱいの、周りの方へも
思いやりいっぱいの凄い方々なのです。

頭がさがります。。

また、熊本に足を運べるときには、ご一緒できるときを楽しみにしています!! 

熊本と田老、宮古のご縁もつながりました。

どんなに大変な時にも、助け合えること、、
すんごいパワーのある皆様と、ご縁をいただいております。

この方も、ホントに凄い方、ケンちゃんのパパが保護者の代表で率先として、
いつも動いてくれたり
まとめてくれて、募金を届けさせてもいただきました。

私たちが宮古へ足を運び、田老の子供達と一緒に演奏したりと機会をつくれているのも
動いてくだる方が現地にいてくれるからこそ。心強いことなのです。

そんなケンちゃんファミリーとも仲良くさせてもらってます。

昨年も児童館を退館してからも、さまざまな宮古市で開催のイベントにも出演させていただきました。
lele-happyday04.jpg

浄土ヶ浜でのイベントでも ケンちゃんたちのノリノリパフォーマンスは最高でした。
目の前には、復興大臣もみてくれていたのんだよね。。 

最初にあったころは、とっても、とっても、もぞもぞとおとなしめの みおちゃんも
すごくパワフルで、いつもご一緒してくれます。
ご両親の協力があってこそですが一緒にいつもステージを盛り上げてくれてます。

イケメン ふあらくんも、音楽活動されているパパさんの影響もあって
言葉少なめだけど、ノリも最高でリズム感もいいのです。

jodogahama-maturi.jpg

デイジー☆どぶゆきさんが大好きなケンちゃんたち。 
ステージ前後は、デイジーさんも一緒に大はしゃぎで鬼ごっこしてたり、、大騒ぎです、、、


デイジーさんを友達だよね!と契りをかわし、ともにステージに立つ仲間でもあります。

taro-live.jpg

そして、これまた熊本へ支援をくださって応援くださっているときも
ケンちゃんファミリーは、仮設住まいのなかで、周りの皆様に手を差し伸べて
動いてくださって応援くださいました。

その活動パワーなる周りの方への思いやり、、
ケンちゃんパパのパワーがご子息ですからね
ケンちゃんに受け継がれているわけですね!

先日にお会いした宮古支部長からの情報によると
旅館にも食事に足を運んでくれたりと気にかけてもらっているとのことで、
仕事の方との宴会(?)にも使ってくれたりと家族でいらしてくださったり
足を運んでくれているとのことでした。

昨年の秋には、田老のイベント、鮭・あわび祭りに、みんなで出演させていただきました。

taro01.jpg

taro2017.jpg
宮古支部長は多忙なスケジュールの中で、ご一緒できなかったのでありましたが
その時も、田老からは宮古の町へ移動するには30分はかかるなかでも
せっかくだからとお世話になっている旅館でみんなで食事をしようと提案くださるのです。

ケンちゃんママも、気遣いの方で、当日も練習の時にもみんなの
お昼や、子供達のメガネも揃えてくれてたりケンちゃんファミリーがいてくれてこそ
繋がり続けて活動を続けさせていただいてます。 

機動部隊なるあけみ先生がイベント出演を繋いでくださり、
そして、皆とともに出演したりと調整に対応くださるケンちゃんパパ。

そして、賛同くださる元田老児童館の子供達、そして保護者の皆様。

宮古で、ご一緒できるのは、それぞれに皆様が動いてくれるからこそでもあるのです。
ほんとうに いつもありがとうございます

毎回、さまざまな重ねたスケジュールの中で遠征をしていると、
自分たちの準備だけでも あたふたしている事も多くて、 だいたい現地集合、
早々と各自解散としていたりもしましたが、

ようやくだな、、と感じた昨年の、田老でのイベント後に、みんなで打ち上げも出来ました。

浄土ヶ浜のマリーンハウスでも、スワンボートも乗せてもらったりと
楽しく過ごせた時間をつくっての打ち上げを開催する機会をつくることが出来ました。

保護者のお母さんたちがボートに皆様で乗って行く姿に うるっときたりでした、
震災時に、小さな子供達を守り、育てるのにどれだけご苦労があったことかと、、
田老の町は飲み込まれ、、その中で、子供達が地域のためにも
あれこれイベント出演させたりと、ほんとに凄い人たちなのです!
その皆様とご一緒させていただいたことで、私たちもさまざまな機会を
ご一緒させていただきました。

すっかり田老児童館の行事にもお邪魔して、ご一緒させていただき
ともに過ごさせていただいたような最後の田老児童館でご一緒させていただいた
活動期間も、人生の中で宝物のような大切な時間をたくさんいただきました。

相手を思いやる心、出あえた皆様から、いただくことばかりで
皆様とご一緒していると頂くことばかりであります。

私自身、この活動に動き出すまでに、周りの機動部隊なるパワーある仲間に
背中をおされて、ようやく気持ちがあっても動き出せずにいた中で、
一緒に動いていただいて動き出せました。。

動ける人のお力添え、動かないとはじまらない!というのは
自分が動いている中でも、身をもって感じるばかりなのです。。
動ける人たちは、どんな状況でも動いて誰かを思い助け合い
手を差し伸べて、人を大切にされています。

そんな、地域のためにも被災された中でも頑張っている方々と
出会い、ご一緒させていただいたからこそ、私たちも
活動をつづけて来れたとも思っております。

活動を通して、本当に、私たちは、とても素敵なご縁と出会いを
重ねさせていただいております。

あけみ先生とのご縁もあって、田老児童館のみなさまとも出会い
繋がり、ご一緒させていただきました。
地域の皆様にも、楽しんでもらえてかな、
子供達が元気だと、皆様も元気をもらえますよね。

児童館にお邪魔して交流していた中で、
初めて外でのイベントにご一緒させてもらったのが
忘れもしない田老の仮設商店街 たろちゃんハウスの春まつりでした。

tarochan-house01.jpg

2015年3月の春のこと。田老児童館の修了式の翌日だったかな。。
田老児童館の一年目を修了したばかりの 
めんこすぎる幼かったケンちゃんたちとの初の児童館から外に出てのイベント出演でした。

この時には、毎年に、遠い四国から東日本大震災の支援イベントで
商店街の真ん中で、まるっと一日のウクレレチャリティイベントを開催される
ウクレレええどの実行委員長であり、レレサポの四国支部長としても名乗りをあげて
活動を支えてくださってます ほにゃらさんが、宮古まで足を運んでくださいました。

仙台空港に到着して真っ先に被災された地域をみたいと、荒浜、名取、、、
しっかりと、目にやきつけて、現地の空気を感じて、そして宮古でも
くまなく、私がつきあわせた部分もありますが、活動をご一緒させていただきました。

そして、ウクレレええど様からの義援金で、 先に紹介もさせていただいてますが
田中菓子舗の社長様へも、ウクレレを寄贈させていただいておりました。
このお二人のツーショットが撮れるなんて、、と 夢の撮影でした。

tarochan-house03.jpg

ほにゃさんが、こうやって宮古まで足をはこんでくださっての実現です。

tarochan-house04.jpg

そして、たろちゃんハウス春祭りでも、共演いただきました♬

tarochan-house05.jpg

当時仮設商店街の細越商店のひでこちゃんも エアーだよといいながら、ご一緒いただきました。

ひでこちゃんが、商店街の事務局さんにお話をしてくださって出演の機会を繋いでくださいました。

hosogoshi-08.jpg

昨年に、小さく構えて のんびりやっていくと
ご自宅の隣に併設の細越商店をオープンしてからも、

デイジーさんのCDをおいてくださるだけでなく
宮古市内でのイベントなどの開催の際にも、お知らせ、
チラシを掲載頂いたり、いつも影でも応援、サポートくださってます。

hosogoshi03.jpg

田老での商店街でのイベントなどに出演の機会を繋いでくださったり
一昨年に、田老でオープンしたおそば屋さんの開店祝いなどで
お祝い演奏企画などを繋いでくださるのも なにかと、このひでこちゃんが
私たちの活動の種をまいてくれてたりで、田老の皆様とも
つながらせていただいてきました。

2015年の3月、あれから3年がたちましたが、
現地の方が動いてくれて、繋いでくれてこそ、このような機会をいただいてきました。

地域の皆様の前で、一緒にステージに立てる機会をつくれた貴重な春の記憶です。

tarochan-house02.jpg

このとき、、一緒に歌ったのが最初である 『ありがとうの花』は活動の中で、
ずっと歌っています。 あけみ先生と、田老児童館の皆様に 素敵な歌とも出会わせてもらいました。

このとき、仮設住宅での演奏などでも、タイミングがあえばご一緒してくれていた
いよいよ宮古のメンバーが運営部としても、一緒に動いてもらったりですが
理事としても、ご一緒いただく 宮古のあっこさんが、児童館に知り合いの子供がいたと
お話をしていたのが、、、 まさかの 大スター(笑)ケンちゃんのこととは
後から知って、おどろいたものでしたが、

あっこさんのご主人が、ケンちゃんのお父さんと、幼馴染みという関係!!
そんな繋がりまであって、、 おどろいたものでしたが、
そんなご縁もあるからこそ、 今もご一緒させてもらってたりと
さまざまな ご縁が繋がりあっています。

いつも、活動報告だけをしてしまうと、どちらかというと
皆がそれぞれに動いてくださっているからこそ、
こうやって繋がり、継続してきたことを報告できずのままでしたので

ながながと振り返りながら、 機動パワーをもって
ご一緒くださる皆様のご紹介でした。

最近のケンちゃんの将来の夢はなんだろうな♬

以前は みんなに美味しいラーメンを食べさせたいとラーメン屋と
話してましたが、 それだけでは おさまらないようなスター性の持ち主

tarochan-house-kenchan.jpg

3年前から、スターの風格!! 児童館や、田老の園芸大会で
マツケンサンバを披露している姿も 圧巻でした♬

田老のおとぉさん、おかぁさんたちに おひねり(お菓子やら)を
いっぱいもらっての大スターぶりでしたからね♬

ケンちゃんは、リズム感もあって、とにかくエンター性も天性なるものが
パパから受け継がれております。

ウクレレじゃなくても、きっと、みなさまを楽しませていくことも
惜しまずに活躍するんじゃないかなと勝手に思っておりますが

ウクレレも、また一緒にやれたらと思いますが、
この前ちょびっと お話させてもらったら 水泳と柔道でご活躍みたいだね!

田老の皆様と田老児童館とのご縁あって、四国からも熊本からも
宮古へも足をはこんでいただき、ともにステージに立って
宮古の皆様を元気に笑顔にする機会もいただきました。

皆様と一緒に活動できたからこその継続だと7年目を迎えて改めて思うこのごろです。




ケンちゃん、ケンちゃんファミリーの皆様はじめ
元田老児童館の皆様とも またご一緒できる機会が作れたら嬉しいです。

田老で宮古で、いつか田老のみんなと、四国や熊本へも
足を運べるときがつくれたらいいな、

どこだりで、交流を続けていけたら、きっと、笑顔の花がいっぱいに咲きますね!

ご自身が大変なときにも、周りを思いやれるなんて、、
本当に、、出来ない事です、、

周りの方が、凄い人たちに恵まれての活動の継続パワーで
支えられてきました!

みなさま、いつもありがとうございます!
今年度もありがとうございました!!

田老の皆様とも、これからも 楽しくご一緒できるときをつくりたいと思います

ひきつづき よろしくお願いします♬


posted by レレサポ at 17:45| BLOG

3.11 を迎えて。新年度を迎えるにあたって、、  B

震災で被災した地域で、再建し、いよいよ復興へ向かう店舗もあります。
離れていても、思いを馳せて東北を応援くださる方もいます。
それぞれに出来る事で繋がっていけたらと思います。

宮古市田老の田中菓子舗さんの道路向かいには道の駅が仮オープンしています。
4月にいよいよグランドオープンします!!

田老の町も、少しずつ、少しずつ復興をして新しい町ができています。

東北は、魅力もいっぱいなので、ぜひ観光としても
足を運んでいただけたらと思います。
宮古へ足を運ばれる際には、田老の田中菓子舗、道の駅も
ぜひとも おたちよりいただけたらと思います。

東北は自然の美しさ、とにかくうまいものに恵まれた魅惑の食の旅にも
出かけていただけたらと思います。

食を楽しむことでの社会貢献! 

そして私たちは音楽を通して社会貢献活動に取り組んでおります。
レレサポは音楽を通し、心の支援活動を続けてまいりました。

まだまだ、昨年は思うように動けず、決まっていた予定をこなすことだけでも
やっとこでしたが、昨年の夏には、活動の集大成ともなるアルバムが誕生しました。

活動の中で、ご縁ある地で、生まれた楽曲や、
ご縁あって、みんなでうたったりウクレレ体験の課題曲として、
沢山の方々と弾いた しんかんせんの歌をはじめ、

元気と笑顔を届ける音楽交流活動を続けてきたデイジー☆どぶゆきさんの
セルフプロデュースにより生まれた楽曲集は、 
これから、ずっとずっと東北の皆様にとっても大切な一枚となり、
東北の方に寄り添う音楽となりつづけたら嬉しいです。

いつまでも、大切にしていきたい1枚です。

ぜひとも、機会がありましたら本州最東端の宮古市、
そして北へ約50キロ(?)だったかな。
田野畑村へも足を運ばれてみてください。

このアルバムが、東北の皆様と繋がり続ける架け橋となり
ましたらと願っています。

そして、東北の魅力を届けられるアルバムとして
足を運んでくださった方にも、旅の記念にもぜひ!

音楽を通して東北の美しい景色を感じてもらったり、
音楽を通しての東北の海の美しさを届けられたらと願い
企画アルバムをリリースさせていただきました。

岩手県宮古市、田野畑村から生まれた作品は、
その地の美しい景色が音楽から届けられたらと願っています。

多くの方にも、届けたく知っていただきたいアルバムでもあります。

タイトルにもなっていますオモエサンライズ、

今回のアルバムのために、再レコーディングにて 2017年バージョンで
また、新たな音となりレコーディングされました。
とても、好評をいただいているようです! ありがとうございます!!!

『オモエサンライズ』この曲がたくさんの方の活力となって、
デイジーさんも何度も東北へ足を運ばれて音楽のチカラを、元気を届けてくださってます。


昨年になって、ようやく、重茂の灯台にて演奏会、浄土ヶ浜でのイベント出演の機会もいただきました。

道の駅におたちよりの際には、田中菓子舗さんの店舗でも取り扱っていただいております。


http://ukulele-support.sakura.ne.jp/sblo_files/ukulele-support/image/daisy-ee487.jpg

オンラインショップでも販売しております

このアルバムが、東北の方との絆となり、
ずっと大切にしていきたいアルバムでもあります。

このアルバムの中には、東北で活動をつづけてきた皆様との繋がり、想い、
東北のことを知ってほしいという願いもつまっています。

イラストもデイジーさんが手がけ、、
宮古支部長が、宮古の人より宮古の人みたいだと言い放つほどに、
その地の歴史や、音楽が生まれた土地に関しての、歌が生まれた背景を
紹介くださっている内容も、貴重な作品となっておりますので
ぜひとも、CDでお買い上げいただけたらと思います。

東北の活動の中で生まれた物語がつまっています。

こちらの一枚は、賞味期限(笑)なく
いつまでも、東北のことも感じながらもお楽しみいただけますので
旅先で、ぜひお買い上げいただきお持ち帰りいただけましたら嬉しく思います。

田中菓子舗さんにて、銘菓 かりんとうとともに、お買い上げいただけましたら嬉しいです。

アルバムには、田老の子供達へ贈った『田老そだち』も収録されています。


店舗においてくださることで、田老とも繋がることが出来て嬉しく思います。
ちなみに 細越商店さんでもアルバムは発売中です!

daisy-cd.jpg

昨年の3月11日には、田老の防潮堤で、集まった皆様と手をつなぎ
ともに想いを馳せて、被害にあわれた方々へ 黙祷をさせていただきましたが
田老は私にとっても、大切なご縁もあって、足を運んでいた場所です

震災前の田中菓子舗さんの店舗の路地からはいるすぐの
グループホームに、伯母がお世話になっていた時期がありました。

田老の中学生がボランティアにいらしていたりと
ご一緒させていただいたりもして、田老の方々に
伯母がお世話になりました。

里帰りのたびに、田老には足を運んで、田中菓子舗さんの
店舗でかりんとうを購入するのが私の里帰りの定番でした。

田老そだち、の皆様にも大変にお世話になったからこそ
田老には、足を運びたいと、2012年に田老の仮設住宅へも
足を運ばせていただきました。

そこに足を運んでくれた どんちゃんは今は、レレサポの仲間です。

そして、アルバムの中で巡れる岩手の景勝地。

kimusan04.jpg

亀が森の一本桜。

田代は、山側にて、、津波での被害ではなく、
一昨年の台風の土砂災害での被害で大きな被害をうけた地域でもあり
その地域の児童館に、元田老児童館の館長は田老児童館に寄贈したウクレレとともに
異動されて、今は 田代の子供達とウクレレを弾いてくださってて

なんと 亀が森牧野の曲を練習してくれてたり、

テーマソングとしても定番にしたいとデイジーさんの
「七色のスマイル」を練習してくれてたりなのです。

いつか きっと田代の子供達とも、ご一緒出来たらと思います。

音楽を聴いて、食を楽しみに 東北へ足を運んでいただいたりと
岩手へ足を運ぶキッカケにもなりましたらと思います。

ぜひ、宮古、田野畑村へ足を運ばれてみてください。



posted by レレサポ at 15:52| BLOG

3.11 を迎えて。新年度を迎えるにあたって、、  A

出来る事で田中菓子舗さんに応援エールを飛ばしていきたいと思っています。

被災地、、と今は、その言葉も使わずに、東北でご縁ある地域のなかで、
ご自身も被災されながらも、手を差し伸べてくださる方もいらして

そしてこれまた、、

いつも、周りの方を笑顔にするため、元気にするためにご尽力されながら
日本の経済も元気にしようとご活躍の方がいらっしゃいます。

美味しいものを提供し、東北の食材なども取り寄せては食で応援されている
オーネスティグループの大舘社長様

どうしたことかと素敵な素敵なご縁をいただきお世話になっております。
先に、ご紹介をした『田中菓子舗』さんの、かりんとうも
関東で販売することで応援くださってます。

karinto.jpg

大舘社長様自らがご連絡をされて、重ねての注文をして
(食)盛岡製パン 狛江店においてくださってます。

そして3月10日に大人気のコッペパン専門店 (食)盛岡製パンは
横浜に第3号店もオープンされました。
オープンから連日、大行列です!!!

morioka-seipan01.jpg

食を通して社会貢献され、東北だけでなく日本を元気にしようと、
オーネスティグループの大舘社長さまの取り組みのパワーもハンパありません。

販売されている、かりんとうをみて、田老の方が喜ばれて購入されたいったりもあるとか♬

レレサポの活動にも、多大なるお力添えをいただいてご支援、応援をいただいてます。

オーネスティグループ

こちらの社長様にはレレサポの活動でも多大なるお力添えをいただいております

スタッフの皆様も、田中菓子舗の社長様に同様に、
いつもお会いすれば楽しいお話をするばかりで元気をいただくパワフルな皆様です

そして、、大変だったときのあの日からのことも 田中菓子舗さんも、
多くを語りませんが大舘社長さまも、ご自身も福島にて被災された方でもあります。

現在も福島にも店舗があります。 いつか足を運ばせていただきたいと思っておりますが
震災当時は、福島に本社を構えられていて、ご家族とも生活をされていました。

震災後、小さなお子様たちのお父様でもある大黒柱でもある大舘社長は
家族と離れて、おひとりで福島で生活をされながら、
東北の各地に店舗も、被災した店舗もあります。
その再生へもご尽力されながら地域の方へも食でご支援を重ねてきた方でもあります。
大舘社長様は、さまざまに震災後もご尽力されて店を守り、家族も守り、
そして従業員の方々も守り、地域の方々に食で元気を届けようと社会貢献活動でも
ご尽力をされていらっしゃる方なのです。

私では、お伝えしきれないくらいに凄い方なのです!

私がお話をさせていただいている社員の方の中には
震災前は別の職業だった方が職を失い、採用いただいたとお話もお聞きしています。

先日に宮古から宮古支部長が関東入りしたときに、
浄土ヶ浜旅館の若女将でもある旅館の若女将から
初めてお聞きしましたが、旅館の板さんも
旅館が被災し、旅館をまだ再建するかわからなかったとき
盛岡にある大舘社長さまの店舗 「かんながら」の面接を
受けた事があるとか、、

『かんながら』さんは、
いろんな方が、 何を食べても美味しくてメニューも豊富だと定評高い店舗です!

東北の交流か活動の中であえる皆様とも「かんながら」の美味しいメニューの
話を共有できるほどに東北の各地にも店舗があります。

大好評でもある こだわり和食と甘味処の「かんながら」さんは
食で東北の地でおいしぃ料理を提供し、皆様のエネルギーチャージスポットでもあります。

『かんながら』様には、昨年の宮古でのレレサポ企画の開催につづき、
仙台での開催へも実現へと運んでくださって、特別協賛をいただき支えてくださってます。

東北で毎月に車で足を運んでいた時期にも、大舘社長さまとは、面識がないときに
活動の中でも、大舘社長さまの経営されている店舗に
立ち寄らせていただいていたのですから これも不思議なご縁なのです。

こだわり和食と甘味処の「かんながら」さんの盛岡の店舗は
私の癒しの立ち寄りスポットでした。
最近には、その盛岡店が、岩手のメディアでも紹介されたようですよ♬
ますます、大人気になりますね!!!
とはいえ、宮古でも、盛岡でも、
誰もが知り合いは 「かんながら」をご存知です♬

美味しさ、ボリューム感、お値段も、どれも満足度の高いところも
オーナー様の、おもてなしパワーあって出来ることなんだと思います。

食材もこだわり東北の食材も、ふんだんに取り入れたりして
その中での、お手頃感もある価格設定には、ありがたいほどです。

そして、一番に足を運ばせていただいているのは
横浜、菊名にある三陸の食材をふんだんに取り入れ
食することで復興支援へと繋がる三陸ワイン食堂レアーレ

店長も東北ご出身の方。
いつも、変わらぬ笑顔でお迎えくださいます、
お店のスタッフさんからも元気をもらう、美味しく、パワーチャージなるお店です。

食とお店の方の明るい雰囲気に元気になれる素敵なお店なのです。

三陸ワイン食堂レアーレは東北まで足を運べないときに東北へ想いを馳せ、
足を運ばれて美味しい食事を楽しみながら、社会貢献できるお店です!

レレサポのアニバーサリー企画を開催するにあたり
誰にも助けをもとめれなかった中で、、
持出しを重ねてきた中で活動を続けていくのも母体を支えていたくには
もう3年は前から厳しい局面を迎えてはいましたが、、なんとか持出しを重ねては
続けてきました。。
そうこうしている中で、、私たちには、経済的な負担の限界のところまできて
活動を続けるのが厳しい境地に立たされていた中でも、
アニバーサリー企画を開催させていただけたのは、大舘社長さまはじめ
『かんながら』様の多大なるご支援があって実現することが出来ました。

昨年の宮古に続けて、仙台で開催する機会を実現させていただくのに
手を差し伸べてくださった大舘社長さまには感謝するばかりです。

心が苦しくなったままに、、経済的に厳しくて
開催が困難な中でご相談をさせていただきお力添えをいただきました。。。

ありがたさに、胸がいっぱいになって、大舘社長さまとお話した
帰りの電車では、涙がとまらなくなってしまって大変なことになってましたが、、

本当に、手を差し伸べてくださるお力添えがあって活動をつづけてこれました。

ご支援を頂くことで、、本来は、社員さんに、俺たちの給料をあげてくれよと
言われてもおかしくありません。

そんな中で、盛岡の店長さんからも、スタッフさんからも
イベント開催に協賛いただきましたときにも 
そんな会社で働けることが嬉しいと、そんなありがたい事をお話くださっているのです。

社員さんの心意気もハンパありません。

社長様の思いと社員様のあたたかい思いに触れさせてもいただき
心にもパワーいっぱいいただいて支えていただいている次第です。

離れた地でも、常に東北を想い、応援しているお店があって
私たちの活動にも お力添えをいただくご支援くださる方がいてくれてこそ

本当にありがとうございます


オーネスティグループの店舗では、
お店を通して、食を通して東北を想い、応援することが出来ます。

ぜひとも、お近くにお住まいの皆様! 

オーネスグループの店舗で、お食事など
コッペパンの購入等に足を運ばれてみてくださいね!

おいしぃですから、自身をもっておすすめです!

東北の地で、頑張っている店舗の食材を取り入れたり
取り寄せられたり、私たちは食事をすることで東北とも
離れていても繋がれます。

多くを語らず、、私自身が全ての事を知らないままに
語ることもあれこれはお話ができませんが
お世話になっているオーネスティグループのことを
ご紹介をしたく、ハンパ無く多大なるお力添えをいただき
レレサポの活動も応援くださる大舘社長さまのこともご紹介したく
感謝をこめての記事更新。

大舘社長さまはじめ、スタッフの皆様、
いつも 本当にありがとうございます!

これからも、よろしくお願いいたします!

オーネスティグループの店舗一覧はこちらから


【3.11 を迎えて。新年度を迎えるにあたって】 

@ 田老のこと、田中菓子舗さんのこと、7年目を迎えて。。


posted by レレサポ at 14:46| BLOG
■レレサポ宮古支部のメンバー、活動の紹介
 
  ■レレサポアニバーサリー音楽交流会(2017年度)  
  ■レレサポ春のウクレレ演奏会(宮古支部/2018年度)  
■岩手から熊本を応援!!!(田老児童館の皆様と)
 
■重茂の灯台公開日にウクレレ演奏会を開催! 『オモエサンライズ』  
■海辺の音楽祭(仙台市荒浜) ーレレサポー (2016年度)  
■たくさんの方に、支援、応援いただきご一緒させていただいてます NHKスマイルキャラパンにて岩手県宮古市重茂児童館にて「ありがとうの花」
 
■東北へ、「オモエサンライズ」を通し音楽で想いを元気を届け続けてきました。