2018年06月28日

ひとつの節目。新たなステージへ。 ー6月30日、荒浜再生を願う会の解散式 ー

宮城県仙台市、荒浜再生を願う会の皆様と、
年に何度か、足を運ばせていただき
ご縁を紡がせていただいております。

1103_sendai01-thumbnail2.jpg

荒浜の地区の皆様が、仮設住宅にお住まいの頃に、 荒浜再生を願う会の皆様とも
お会いできてから、私たちは年に数回に仙台、荒浜へ足を運ぶ中で
ご縁を紡がせていただいてまいりました。

umibeno-ukulele04.jpg

私ども、一般社団法人ウクレレサポート協会では
宮城県仙台市、荒浜再生を願う会、海辺の図書館の皆様と、
海辺のウクレレを開催させていただいおります。
今年の2月にも、共催にて ハマレレ ー海辺の音楽会ーを開催させていただききました。

ご案内のご連絡もいただきましたが、ひとつの節目を迎えるとのこと。
6月30日に 荒浜再生を願う会の解散式を開催されます。

毎週のようにさまざまな荒浜でご尽力の活動の様子も
オンラインで拝見しておりました。

荒浜には、荒浜再生を願う会の皆様の活動があって
足を運ぶ方々が増えているのを
毎回に足を運ぶたびに感じました。

荒浜の空気が、とても軽くなっていることも、、、

さまざまに荒浜での時間を楽しまれたりと
人がもどってきているなかで、 解散
ひとつの役目をおえて、新たなステージへ向かわれて行く事と思います。

足を運ばれる方を大切にし、荒浜を再生しようとご尽力されれきた
活動があってこその、私たちも荒浜と繋がることができました。






今年の2月にレレサポアニバーサリー音楽交流会を昨年に再建されたセンターハウスにて
開催させていただきました。



初めて、荒浜へ足を運び、ともに活動してくれた仲間たちは、
まだまだ深い東日本大震災の爪痕を実際に目をして、
それぞれに、言葉にならない想いもあったようでした。

出来る事をこれからも続けていきたい、
やっとこれて良かったとそんな話もしてくれました。

荒浜は、瓦礫の山は取り除かれたものの、まだまだ手つかずの場所もあり、
かつて住宅があった場所の、家の塀などものこり、、
津波被害の爪痕がのこされたまま残されてもあります。

そんな様子をみて言葉にならない想いと、
自分たちの出来る事で改めて現地でも感じた想いで
胸がいっぱいになりながらも、楽しんでもらおうと精一杯演奏してくれました。

荒浜に足を運び、改めて、これからも続けていきたいと話してくれた仲間もいます。

ご来場くださいました皆様に、施設の方に、
とても、喜んでいただき、それぞれに また足を運びたいと
思ってくださった方もいます。 

音楽を通して、荒浜へも、また機会がありましたら
足を運べたらと思います。

2月に開催したイベントを知り、震災後に初めて荒浜に
足を運んでくださった方もいらっしゃいました。

これからも、荒浜で出会えた皆様と、繋がり続けていけたらと思います。

荒浜再生を願う会の皆様がいてくださったこそで、回を重ねることが出来た私たちです。

私たちの活動も、、最初に荒浜で開催するということは、、
とても、簡単なことではありませんでした。。

最初は、、この地でウクレレを通し、音楽を通し、被災された地を癒し
元気を届けようと想いはあるものの、
ただただ 足を運ぶのがやっとの荒浜でした、、

その地を、その地で生活していた皆様が、
再生しようと動き出している活動のエネルギーパワーに
たくさんの方の心を動かされ 何度も足を運ばれる方も多くいらしたと思います

私どもの活動も、支えられてこそ、その地、その地の方々と
ご縁があるこそで、続けておりますが
活動当初 荒浜は、、音楽を通してお邪魔してもよいものかと
迷いもありました、、、

ウクレレを通して音楽交流会を開催することは、簡単ではありませんでした。

その中でも、ご一緒してくれて音楽やウクレレを通しての交流活動の機会の扉を開いてくれたのは
海辺のウクレレを開催する機会をくださったデイジー☆どぶゆきさんのお力添えでした。

荒浜の皆様にも、多大なる音楽のチカラで元気を届けられた
デイジーさんは、 荒浜で出会えた皆様からも、
音楽が活きるチカラとなり、デイジーさんが荒浜を応援し続けてくれるから励まされると。

自分たちも、頑張ろうとパワーをもらえると、、そんな話もしてくださった方も顔1(うれしいカオ)

hamalele01.jpg

音楽がその地域へ、その地域の方々に、被災された傷ついた地を癒し
誰かの癒しとなり活力となるパワーを注げることが出来たのは、
デイジーさんの音楽のチカラがあってこそでもありました。

0916_sendai-umibe14.jpg

2月には、、それぞれに、活動の道筋をつくっていただいたからこそ、
レレサポメンバーが中心にイベントを開催し、
荒浜でも音楽、ウクレレを通して交流会を開催することもでき、回を重ねてきました。

当初の私は、なにもなかった荒浜に傷ついた地に
足を運ぶのも、最初は、、あまりの被害の大きさを目の前にして
言葉も失い引き返そうとしたこともありました、、 

当初は、足を運ぶことさえやっとでしたが、センターハウスで
音楽交流会を開催できたことは、仲間がいてくれたからこそでもあり、
たくさんの方がお力添えいただいたことで開催することもできました。

それぞれ皆様が新しい生活に向かっているからこその
ひとつの節目も向かえられたことと思います。

荒浜で皆様と音楽を通して楽しいひとときを過ごす機会を作れたらと思っております、、、

0723_umibe-ukulele03.jpg

海辺の図書館の皆様とも、ご一緒させていただいてこそ
荒浜での音楽交流企画を開催できました。

image-f07a2.jpeg

多くの方が被災されて犠牲にもなられた荒浜に想いをよせて
これからも応援し、忘れずにいます。


2月の開催は、オーネスティグループのお力添えがあって開催する機会をいただきました。

haruna.jpg

そして、私は私で、多くの方々にお力添えをいただき荒浜に
音楽を届ける機会をいただいてきたことを改めて、感謝の気持ちでいっぱいです。

荒浜での活動で、
アロハなひとときを届けてくださった、
奥州 ポリネシアンダンス教室 レイアロハの 主宰 HARUNAさんを
はじめ、ご一緒くださった方々、 レレサポの皆様、 本当に 沢山の方が
かかわってくださいました。

私たちの音楽交流活動に賛同いただける皆様に、ご理解とお力添えをいただき
そして、私自信も、チカラをつけてまた、お邪魔できる機会をつくれたらと思います。


さまざまに、新たな船出となり、ご尽力されてきた 荒浜再生を願う会の皆様の
ご尽力あって、荒浜には、笑顔もあふれ、皆様が集まり
それぞれに、新しいステージへと向かい、それぞれの再生へとも向かわれていったことと思います。

本当に お疲れさまです。そして沢山のパワーも私たちこそ、いただきました!
ありがとうございました。

30日には、お邪魔できませんが、 「荒浜再生を願う会」の皆様、本当におつかれさまでした。


感謝をこめて
posted by 山本 at 12:16| infomation

2018年06月27日

施設訪問させていただきました

77D7C1C4-2EC0-49D7-AA9F-6285A7C70D2B.jpeg

Facebookでも、既に報告をいたしましたが、

学校法人大出学園 支援学校若葉高等学園

に、お邪魔させていただきました。
自然に恵まれた環境の中にある北関東では唯一の私立の支援学校なのだそうです。

ウクレレ演奏の授業があるということで、お邪魔させていただきました。

三ッ葉楽器株式会社の大澤社長さまが、生徒の皆様に
ご指導しながら、一緒に演奏したり歌ったり。

個人、個人で どの曲を演奏するか決めて
前に出て発表の時間もあったり、

この日は、他のスケジュールなどと重なり
ソロ弾きが出来るウクレレリーダーさん的な生徒さんも
欠席だったり、人数は少なめの中でしたが、

とっても盛り上がって、好きな歌にノリノリで
決めポーズまでばっちりで、回を重ねられてきているからこその

仕上がり感や、生徒の方々が、ウクレレを持ってきては
自分でケースにいれたり片付けたり、
とってもスムーズに連携されているのも、 関心したりと
授業の様子を見学させていただき、とっても貴重な時間をいただきました。

障害支援での生徒の皆様の得意なことを、それぞれに活かしたり
のばしてあげようと、それぞれに、得意なところで活躍していることも
紹介をいただいたり、卒業生のことも、見守り応援されている校長先生をはじめ
先生がたのあたたかさも伝わってきて、
生徒さんたちがニコニコ演奏の様子も
楽しそうでしたが、私立だからこそ、
30年以上も携わられてきた校長先生の愛情の深い想いや
生徒さんとの絆をつむがれている様子など、垣間みる機会もいただいて
さまざまな対応などは職員の皆様は
ご苦労もあるかと思いますが、ぬくもりを感じる素敵な学校でした。

FCD56417-0102-450E-A09D-6D5B74DE7F3D.jpeg

生徒さんの作品をご紹介いただいたり、賞も受賞されている作品です。

今回、貴重な訪問の機会を繋いでくださったのは 三ッ葉楽器株式会社の大澤社長様。

BF940D3E-C467-40C9-A9F5-A7A020989258.jpeg

三ッ葉楽器株式会社

子供達につかってもらいやすい薄さと軽さで
三ッ葉楽器オリジナルブランド ゼファー(そよ風の意味) の
パイナップル型 ウスレレをレレサポの活動では、
多く活用させていただいています。



そして、今回は、こちらの若葉高等学園の評議員もされていらっしゃる
鈴木木材株式会社の 鈴木社長さまともご縁があって、
こちらの施設に機会をつくってお邪魔させていただけたら、、と
以前から、お話をさせていただいていたのですが、
ようやくの一年ちかくたってからの機会となりましたら
大澤社長さまのウクレレ教室のタイミングと、お邪魔できるタイミングがあって
見学をさせていただきました。

467C5FFA-5F36-4E26-916B-DD98F0BAAE49.jpeg
鈴木社長さまは、 さまざまにチャリティ活動にも、ご尽力の方です。

インドの子供達へ楽器を贈られたりと活動されていらして、さまざまなメディアでも
とりあげられ紹介もされています。


CAE2D844-D5D6-4015-849C-22BF3C99EBEE.jpeg

今回は、なかなか貴重な群馬の時間でした。
あれこれ活躍の社長様2人と、ご一緒させていただいたのでありました。

お二人とも、お優しい笑顔であったかなオーラがあるし、地域のため、
社会貢献にもご尽力されたりとハートもあついお二人です。

優しいオーラの社長様たちですから、子供達も安心して過ごされている様子を伺えました。

お会いした皆様も、子供達をあたたかく見守り、
ウクレレの授業時間も先生方も一緒に楽しむから、
子供達も楽しんでいる様子でした。

群馬にて、とてもあったかい空気でいちにちつつまれたような
優しい時間を過ごさせていただいてきました。

また9月に、ご一緒させていただく予定なので楽しみにしております。

鈴木さま! ホントにあれこれお世話になりました!
美味しく、楽しく、最高の群馬日和でした!
大澤社長さま、校長先生はじめ、お時間いただきありがとうございました!

お会いできた皆様、お世話になりました。
posted by 山本 at 23:22| 活動記録(保存)

2018年06月24日

那珂市にいってきたぞの映像と、活動を支えてくれた大舘社長さまはじめ、三陸ワイン食堂レアーレや支えてくれた皆様に感謝を込めて。2018年の後半にむかいます♬

6月22日のこと。

茨城県那珂市に初めてお邪魔してきました。

行く前には、ナカナカ行けない那珂市ですから、
どんなところなのだろうと、合間に、初めて行く那珂市のことを
ネットリサーチしてみましたら、
那珂市の方の写真がフォトコンテストで受賞されたことが紹介されていて、
とっても、美しい写真に出会えたのです。

天空のアート。



田んぼの様子も、虹がかかった景色に出会えるわけじゃないけど、行ってみたい!と
田んぼで遊んだりして育った私には、田園風景の中で過ごしていると
居心地がよくて、たまらない景色でもありました♬

13A60913-9081-4ACF-92E4-3F89708A1384.jpeg

ラッシュの時間は首都圏を抜けるが大変で早め移動していたので
朝から那珂市の散策を堪能していました。

いい空気 いい感じで いいなかといわれることが納得の
ランキングでも高く 住み心地よさで評価されたりの那珂市は
足を運んですぐに、気に入りました♬
そして、この季節はアジサイ♬
道ばたのあちこちでもアジサイも奇麗でアジサイと戯れておりました♬

8959D466-D9FE-4980-8039-93EE5AA82249.jpeg

アジサイを見ると、なんだか嬉しくなります。

Facebookにもアップして紹介させていただきましたが、

那珂市に行った時の様子と、今回の演奏活動で
チャレンジしてみた曲を、一緒に活動報告的映像にしてみました。



今回、直前でディズニーの曲が、利用者さんからリクエストがあったので
初めてのトライ曲でしたが、リトミックでも、一緒にうたって踊れる曲には
良いカモで、活動のレパートリーに出来たらと思ってます。

そしてっ。
同じ音源を、『小さな世界』もバックに再びつかってもおりますが

今月の初めに、練習会、イベントプロデュースさせていただいたりと
お世話になっている横浜市港北区 菊名にあります

三陸ワイン食堂レアーレは、オーネスティグループから
独立して、渋谷社長の独立記念記念パーティが開催されました。

遅くなったのですが、個人的にも、レレサポの活動でも
このお店と出会えたからこそ、継続して活動も続けることが出来ましたので
今までのお世話になった中でのこともまとめておきたいと思ってましたので
レアーレに感謝をこめて私が大好きなレアーレでの記録をまとめてみました。

オーネスティグループの大舘社長さまをはじめ、
食で、人を笑顔にし幸せなひとときの空間づくりで
ご活躍の皆様と出会えたことで、私自身の活動の幅も広げていただく
機会をいただいたり、さまざまなチャレンジの機会もいただきながら
一緒に、イベントを開催する際には、私も勝手にチームレアーレの一員きどりで
ご一緒させていただき、お仲間にいれてくださる皆様との出会いが、
本当に私自身に沢山の活力パワーもいただきました。
そして、私自身を活かしてくれました♬ ほんとに感謝でいっぱいです。

レアーレのお手伝いでもして恩返しもしたいところですが
かえって、お皿割ったり、お手伝いのハズが空回りして
あれこれやらかしてしまうことが目に見えるので自粛しておりますが

たまに、立ち寄り、それも、結局のところは私の方が
元気をもらい、素敵な時間をいただくばかりなのですが
これからも行きつづけたりとお邪魔することで応援し続けます!

皆様とのご縁が私の人生の中でも大きな節目となりました。
三陸ワイン食堂レアーレの皆様との出会いに感謝いっぱいです。

レアーレでは、さまざまな貴重な時間を大切な人たちと
ともに過ごさせていただいたいり、素敵なご縁をいただいたり
いついっても、素敵なことがありまくるのです。

私自身が、交通事故もおこしたりな頃、
心身ともに疲弊しながらも
動き回っていた中で、身動きとれなくなりました、、
そのとき、、一度 がっつりと身動きがとれずたちどまってからの
再スタートさせてくれた活力をくれた場所でもあります。

おいしい食事で誰かと過ごす事で大切な時間を過ごさせていただいたり
再び再起できるキッカケと機会をいただいた大切な場所でもあります。

オーネスティグループ 大舘社長さまには、
レレサポの活動でも、経済的にも、母体を支えるには限界がきていた中で
協会を閉じるしかないとお話をしたこともありましたが、
続けて行く事を応援くださり、ご支援もくださりました。
私たちの活動のことも、大人気の「盛岡製パン」に飾ってくれるとも
言ってくださったりと、たくさん励まされてエールをいただいてきました。

力つきそうになったときに、おかげさまで乗り越えられた中で、
貴重な交流イベントを開催するお力添えもいただいております。

今も続けることが出来たのは、大きな、大きなお力添えもいただいたからこそでした。
どうにも出来なくなって、、大舘社長さまに、ご相談をさせていただき
支えていただきました、、
帰りの電車では、、ありがたくて涙をこらえることができないくらいな状態になったのも
初めてのことでした、、、ほんとに、どう恩返しをしたらいいのだろうかと
大舘社長さまには、感謝しきれません。

そして、レアーレの渋谷社長、清水店長、あさひちゃん。
レアーレの皆様にも、大変にお世話になってきました。

いついっても、笑顔で迎えてくれて、食事に元気をもらって
楽しく過ごさせていただき、レレサポの運営チームとミーティングしたり
営業的には、休憩タイムとはいえ、大事な活力補充のために休まないといけないなか、
開店前に、仕込みなどのある間にも 快く会場をお借りしたりして、レレサポサークル、
ライブのリハーサルなどでも、お世話になってきました。

感謝! 感謝! 感謝でいっぱいのレアーレです。

これからも、レアーレにお邪魔しますので
よろしくお願いします♬

渋谷社長が舵をとる新星レアーレになるまでも
さまざまな機会をいただいてきました感謝の気持ちもこめて
いろんなことがあったなーと、一部なのですが、
レアーレでの過ごしたあれこれをまとめてみました♬

活動でもお世話になる大切な人たちとも、一緒にレアーレで
過ごさせていただいてきました。



紹介しきれてない、プライベートな友達とも
足を運んだりさせていただきレアーレなかったら
今こうして 楽しく笑って 美味しい食事を友達と囲んだりして
私は、大切な時間を大切なひとたちと過ごせてなかったと思います。

素敵な再会や出会いもあったレアーレ。
皆様を幸せにするレアーレ!!!

レアーレに感謝、出会いに感謝です!!!!

そして、そして、こちらも楽しみにしていました!!!!

オーネスティグループの新ショップが今月末にオープンします♬♬

生食パンの専門店 「考えた人がすごいわ」

って、 お店の名前にびっくりしましたが、
新たなチャレンジが大舘社長さまもスタートしてます。

https://honesty97.com/20180622/

レアーレの皆様や、オーネスティグループの皆様から
いつも、活力エネルギーをもらいます!

皆様が、またそれぞれに新たなスタート。

顔1(うれしいカオ)私も、自分が出来る事を頑張りたいと思います。続きを読む
posted by 山本 at 10:21| BLOG
■東北へ、「オモエサンライズ」を通し音楽で想いを元気を届け続けてきました。