2016年11月17日

ウクレレセラピスト誕生!! 活動スタイルとこれからの活動報告。

今、山本の活動において個人事業に切り替えることを
報告出来るまでになったことを、
なかなか自分で決断と覚悟をもってのご報告にまでいけずで
あと伸ばしにしてまいりました・・

やりたいぞと思いながらももぞもぞして遅くなりすぎました。

5年の活動を経て、まだまだなこれからの私たちですが
音楽をとおして 元気を届けたい!!!と
ボランティア活動を続けてまいりました。

renshu2.jpg
多くの貴重な機会をご一緒し、ご指導いただいたデイジーさんや、
ともに動いてきた仲間。
皆様からのあたたかなサポートに支えられながら、継続してこれた中で、
やりたいことに向き合わせていただいてきました。


私自身は 活動の中では、どちらかといえば裏方に時間をさいてきました。
演奏まわりの準備や調整、段取り・・・
諸々の対応で動いてばかりで  
落ち着くのはようやく夜中なんてことが日常です。。

本来は演奏に集中したいところでしたが後回し。。
なんとか練習会に顔を出すというばかりで、、
まったく身につけるという段階までには、
行きつかないなかを、機会があるたびに
綱渡りにて、その場しのぎに対応を重ねてもきたりしております。。

活動を続けるには、なにより練習でもあります・・

練習不足なワタシが渡れてきたのも
名誉顧問でありますデイジー先生さまに 
どれだけ応急処置につきあわせたかは
定かでありませんが・・・・(^▽^;)

レレサポの武藤と山本は

この三陸復興応援プロジェクトの活動で
経験させていただきました中で
ありえないような機会も経験もさせていただきたくさん学ばせてもいただきました。

まだまだこれから学ぶことも多くあります。
被災地の現場に入り、手探りながらに続けてきた活動ではありますが、
私たちなりに元気を癒しを届けてまいりましたなかで

ぴかぴか(新しい)ウクレレセラピストぴかぴか(新しい)としても 
活動を続けていきたいと思っております。

元気を届けたい気持ちをウクレレの演奏活動を通して
ウクレレセラピストとしても動いていきたいと考えています。

ウクレレの音色はまさに癒しの音色です。

その音色を皆様にウクレレ体験をもって
癒しの音色と触れていただいたり
そしてウクレレの音色で、楽しさを届けられたり
皆様と一緒に歌ったり演奏したり
一緒に楽しみながら私たちが出来ることを届けて
活動を続けてまいります。

武藤の笑顔で癒され武藤のウクレレの音色には
優しさが溢れていて、本人が楽しそうに
イキイキと演奏する姿に
皆様が癒され楽しいと言ってくださいます。

楽しそうな武藤をみても元気をもらうや
安心すると言ってくださる方もいます。

音楽を通して活動するのは「人」であります。
ウクレレだけでなく人柄も、ありますよ。
武藤はウクレレでココロを元気にするという
音楽で元気と癒しをとどけられたりは適任者であります。

元気と笑顔を届ける役目でのセラピストというお役目は
適任ともおもっております。

震災後の活動では、自身の無力感や、
現場の状況の中で、、つらいこと、目にしてしまったことで
しんどいことで立ちどまりそうになりました。
山本自身も、何度も 続けていくのも無理とも思いましたが
喜んでくださる方もいてくださって
待っててくださる方もいてくださいます

そして、その中で、一度たりとも武藤は
やめたいともいわず、、、母体を支えるための
金銭的な面の不安を抱えてはおりました。

私どもは、プロの奏者ではありませんが
私たちの演奏を聴きたいと、依頼をいただいているからの
継続的な活動も実現しております。

遠慮的なところでも、
上手な方の演奏を聴いてほしいと思うからこそでしたが
必要だと思ってくれる方 ワタシの演奏でも
聴きたいと思ってくださる方がいてくれることがいるのだと
活動の中で皆様に背中も押していただきました。

プロの演奏をきくだけが 良かれということでなく・・
音楽の趣味 諸々の相性もありますから
疲れることも 人と人の出会いあってですから
お会いしたかたとの波長なども、あったのだと思います・・・

必要な方のもとへ 届けにいく、
それでいい。。とあらためと思い、
ワタシの音楽を聴きたい、歌っこ聴きたいと
おもってくださる方もいてくれることが嬉しくも思います。

そして、なにより私自身が皆様と音楽を通して交流活動を
続けていきたいからこその、ウクレレセラピストとしても
ステップアップをし活動を続けていきたいということで
今回のご報告であります。

仮設住宅での支援活動から
演奏活動として状況的にも 切り替えながら
ご縁ある方のもとや 出来ることに取り組んでいきたいと思います

ウクレレセラピストとしても頑張ります!

ちゃんと演奏できるようになってから。。とか
いつかのゴールができてからとおもっていたのですが
やりながら育ち、、 

今を、今できることを精一杯にココロをこめて
届けていけたらと思います。 

母体を支えるためにも、個人事業も動き出しております。
しかりと動き出してのこの時にあわせてのご報告でした。

ワタシに、いつも とんでもないキッカケをくれる方。

haruna-sensei.jpg
仙台の荒浜での 海辺の音楽祭でも
ご一緒いただくことで 本当に すばらしいフラの力で
癒しを届けてくださいました haruna先生。

この方に また、引っ張ってもらいました・・ 

ずっとですね 演奏活動をしかりと軸を立て直そうと
考えてはいましたが切り替えられないままでいたのですが

以前も haruna先生が ステージで
コラボさせてほしいとワタシに言ってくださり
ご一緒させていただきました。。

おもいりき デイジーさんの素敵な演奏入りでしたが (^▽^;)

プロとしてイベントなどもで 多数に出演されていらっしゃる
haruna先生にコラボいただける光栄な機会をいただき
ワタシは 人前でフラの方と演奏するという
ステージの貴重な経験の機会をいただきました。。

さらに、、今年は haruna先生のお教室での発表会に
演奏をさせていただくこととなりました。。

ゆたりと構えていましたけど
だんだんに 迫ってきておりまして

そして ワタシでいいのかしらと
本当に 迷いもあって 
お返事できてないままでいたのですが
偶然にも 頼まれていた児童館の選曲が決まり同じだし・・・

これは もう 逃げれなくなっていると
覚悟も決まったりなのでした

周りから 貴重な機会をいただくことも
恵まれていることと思っております

今回の機会を貴重な機会と思って
頑張らせていただきます。


ひきつづき、、デイジー先生さまには お助け願うかもですが・・

自分たちでも出来ることを頑張りたいと思います 


そうそう♪ そういうわけで  
いつも 仲良くしていただいている某児童館でも
先生方のフラのステージで 演奏もさせていただくこととなりました

この夏に 初めて ハワイアンリトミックの先生とのコラボで
演奏側にまわらせていただきましたが

より そんな機会も 演奏のサポートができることで
本来のウクレレサポート協会の出来ることにも
幅が広がったら素敵ですが

走り抜けてきましたが 少し ゆっくりと時間もつくりながら

引き続き 三陸復興応援プロジェクトも
出来ることは 続けていきます。

少しずつ 状況、環境にあわせ
自分たちも無理のない中で続けていけるように
整えていけたらいいのではと思っております

事務対応 ワタシは離れております。

私自身も 事務対応等は メンバーに任せております

自分が出来ることで動ける部分をあけるためにも、
個人事業の取り組みにも 集中させていただきためにも
しばらく メンバーに 任せながら
一緒に続けていけたらと思っております

いつも 皆様に支えられているからこその
続けていきたいカタチを環境を整えていきたいと
思っております

個人事業も 良い形で動いていきながら
みなと これからも 続けていきたいと思うからこその
環境づくり。

皆様にも 会いにいきつづけるためにもです

(*´▽`*)

引き続き よろしくお願いします

ウクレレサポート協会
ウクレレセラピスト 

山本ちか
【┗ 協会よりの最新記事】
posted by レレサポ at 17:00| Comment(0) | ┗ 協会より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

■東北へ、「オモエサンライズ」を通し音楽で想いを元気を届け続けてきました。