2017年04月07日

歌いつづけてきた大切な歌(*´▽`*)

3月は 三陸復興応援プロジェクトでの さまざまなイベントを
開催させていただきました。

協会の本拠地なる横浜市戸塚区でチャリティ企画を開催できたことにも感謝いっぱいです (*´▽`*)
IMG_9256.JPG

ささめ先生のウクレレ教室が とっても いい時間だったと
参加した方から お聞きしています。

本当に素晴らしい先生なのですよ。
いつも オオキニです <m(__)m>

3月4日の戸塚のチャリティライブでは オープニングで
レアーレでのレレサポ練習会に参加いただき
一緒に練習してくださったレレサポメンバーと
フラリーパッドさんの「ウララウクレレ」からスタートしました。

そしてっ

3月26日に岩手県宮古市で開催されました
かんながらプレゼンツ スペシャルライブでは 
豪華なゲストの皆様が しめくくりに ウララウクレレを 歌われました。

宮古にてご本人様たち、フラリーパッドさんをはじめ
宮古でのスペシャルライブのフィナーレにて
「ウララウクレレ」を演奏いただき
会場の皆様とも歌いました。

ウララウクレレの歌には 元気をみんなで共有できたり
大切なことをつたえてくれるパワーソングでもあります。

「あたりまえにみえることが きっと特別なんだ」

 
活動の中でも歌い続けてきました。

ウララウクレレの歌が ぐっと心にも届く歌なのは
この歌が フラリーパッドマネージャーさまのブログで
2011年の春に 作詞家の 鮎川めぐみさんが
歌詞を書かれたのだということを知りました。

フラリーパッドマネージャー様の記事。

腑に落ちた次第でした。。

 
フラリーパッドさんが 皆さんと一緒にうたい
ハッピーになれるとっても 心地よい唄でもありますが
思いもこもった歌詞に 歌のチカラもいただいているからこその
パワーソングだったことになっとくでした。

そして 26日に開催の昼の交流会では、 田老児童館のみなさま。
山口小学校の皆さま、 そして 熊本から自分たちも
熊本での地震で 大変な経験をしていた中でも
この二人をはじめ エンタなウクレレ演奏チームのスイカは
周りを元気にしていたりと 日々頑張っている中でも
宮古まで足を運んでくださいました♪

交流会の開催においても クラウドファンディングでの
ご支援にも協力をいただきました。

熊本からも たくさんのご協力をいただき
交流会を開催することが出来ました。

児童館のみなさんが熊本の震災直後から
気にかけていただいたり 募金をつのり歌やプレゼントで
応援くださったことと

熊本へも ご自身でチャリティCDを販売した売り上げを
全額寄付を何度も重ねて支援していたデイジー☆どぶゆきさんの応援にもと
サプライズで宮古に足を運んでくれた スイカの団長、なちゅさん。
まさかの宮古で 熊本のウクレレ仲間とも交流いただきました。

今回の交流会の参加に向けて ウララウクレレも練習いただいて参加いただきました。

ほんとに ありがとうございました。

遠い遠い、、宮古です。新幹線で東京から盛岡までついても
また 同じくらい宮古まで向かうにはかかるのです・・・

遠い宮古へ 熊本からも 関西からも 東京からも
かけつけてくださった皆様に オオキニがいっぱいです

宮古でもご縁ができた大切な皆様と一緒に過ごすことが出来て
とても あったかな時間を過ごすことが出来ました。

震災で、、津波被害で、、そして 再び昨年の台風災害でも
大きな被害をうけた宮古ですが、たくさんの方が手を差し伸べてくださり
私たちの活動も 支えてくださいました。

そんな皆様と 歌のチカラでも つながっていて

田老児童館の皆様と 一緒にうたうことで 知った「ありがとうの花」

いろんな機会に歌うようになりましたが
この歌も歌詞が ぐっときます。

感謝の気持ちがあふれるばかりの この活動の中では

ありがとうの花がいっぱいに咲いてます。

その中で この歌に会えたことも 感謝いっぱいです

田老の町から 歌いつむがれた 「ありがとうの花」

これもまた フィナーレで 皆様と 宮古で子供たちとゲストの皆様と
一緒にうたって ありがとうの花、 笑顔の花をいっぱいに咲かせることが
できていましたらなによりです。
歌のチカラで、ありがとうと笑顔の花がさきました。

そして 交流会でも、しめくくりのライブでも
届けられた デイジー☆どぶゆきさんの「レレハッピーディ」

この歌を届けようと思って動き出し
被災地に音楽を届けたいという活動のスタートにもなった大切な曲。

活動のきっかけの歌を たくさんの方が 宮古でも
この歌を好きだといい宮古のおとうさんも 
ウクレレ仲間からも愛される歌となりました。

ウクレレ愛好家の中だけでなく たくさんの方が
この歌を大好きだという 「レレハッピーディ」が
あったかなパワーで 活動を支えてくれました

これからも 三陸復興応援プロジェクトは ひとくぎりをするも
音楽を通しての交流活動は 変わらずこれからも
続けて参ります中でも 歌われている大切な歌でもあります

(*´▽`*)

出会えた素敵な歌にも オオキニがいっぱいです


お世話になった方々の紹介の前に オオキニがいっぱいの歌のことでした。
posted by レレサポ事務局 at 23:23| Comment(0) | 交流活動の記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]