2018年03月12日

東北復興魂! in SHIBUYA  天地人のコンサートに。

3.11

東北に想いを寄せて

毎年、東北や各地でこの日に『天地人』はコンサートを開催されていらっしゃいます。

大間ジローさん(ドラマー、パーカッション)と
黒澤博幸さん(津軽三味線)のユニットです。

Soul & Beat 天地人

昨年は岩手県大槌で開催されて、今年は、渋谷 神宮通公園にて開催されました。

渋谷から東北へ祈りをこめて音楽の魂なる響きが
東北へも届けられているかのような音楽のチカラが響き渡りました。

大地からわきあがるようなエネルギーを感じる元オフコースのドラマー 大間ジローさんのドラムの響き。
応援パワー感じる歌声かのごとくまさに応援エールのように聴こえてきます。

継続されてきたご尽力なるエネルギーにも、圧倒されるばかりなのです。

そして、津軽三味線の史上初の最高権威なる賞を3連覇されたりの中で
ザンシンなる世界を開拓し、津軽三味線の世界を宇宙飛行士のように
さまざまな津軽三味線での道の世界の表現で、度肝を抜く演奏で
魅了されるなか、素晴らしい和の奏でられる津軽三味線が琴線にもふれます。
東北を想い、エールを送りつづけてきた音色の深みに圧倒されます

どこか、苦境をも突き抜けるままに前に向かっていく光の道がすすんでいく
躍動感を感じるばかりの音。
心が落ち着いてくる音色でもあり心に響きます。

岩手県在住の黒澤博幸さんの表現からはさまざまな景色、
乗り物にさえ乗車できます。三味線の世界の開拓者。

お二人が、これほどまでに東北への思い毎年に開催される想いの深さには
天地人は、3.11 あの震災の日は宮古で、翌日のライブのためのリハを
していたかもしれなかったのです。。
リハをするスタジオも、津波被害にあいました。
お世話になっている宮古のスタジオであります。

20180311_shibuya01.jpg

天地人のサウンドには、
沢山の方に音楽のチカラを届けられてきたからこその魂なる音楽のチカラが
音に宿っているのを感じます。

そこにあたたかみをおびて人の心に届けてきた音、
甚大なる被害をうけた皆様の心へ届けようとご尽力されてきた方の
半端ないエネルギーが渋谷から東北へも想いとともに音となり響き届けられました。

天地人の復興への想いは、大切な人たちへ、そして沢山の方に届け続けられてきました。

震災直後から仲間を想い、被災されて被害にあわれた弟子達を想い、震災直後から
避難所をまわられたりと支援にもご尽力されつづけていらっしゃいます。
そして 今なおも、足を運ばれたりと継続されています。

黒澤さんが震災直後のお話や、避難所の方々の声とつくられた音楽の話。
そして活動をつづけてきた現場でのリアルな話は、
まさに、現場で、向き合ってきた方で、報道が伝えない、現実なる状況。。貴重なお話でした。

被災された方々と向き合ってきた現場の中で、命がけで音楽のチカラを通し
避難所の方々に寄り添い支援もともに呼びかけ活動を続けられている方なのです。

津波から助かった命を力つきて途絶えられた方のお話など
胸につきささってきました。

私たちの活動の中でも、さまざまなことがありましたから
黒澤さんのお話と重なることを思い出したりもして
想いをめぐらせる貴重なひとときにもなりました。

そしてコンサートにゲスト出演されたデイジー☆どぶゆきさん。
継続して、音楽のチカラを東北へ届け続けています。

天地人と想いが重なる中での共演の機会となりました。

天地人のコンサートで、いただいたパワーを自分の糧にしていかないとですね。

私たちの活動が少しでも、誰かの笑顔となり元気を届けられている限り
出来る事を続けていきたいと思っています。

メッセンジャーとして、届けていくこと、言葉にすることも
どれほどにエネルギーがいることかと
私にも微力ながらにも 伝えることの役目があり
不定期ながらに活動報告の機会はいただいてますが
言えないこともあります。

言葉にすることはとても気の重いことでもあります、、
その中でお話をしてくださった黒澤さんのお話はとても貴重なものでした。
そして、、、本当に現場に足を運んでいる方の言葉だからこそ、伝わるのです
東北への思いの深さを感じました。

この日にこの場で、ご一緒できたことを本当にありがたく思います。

デイジーさんも、東北へ、何度も実際に足を運び、沢山の方へ、音楽を通し寄り添い元気を届けてきた方でもあります。

20180311_shibuya03.jpg

天地人のお二人との共演でのスペシャルなコラボのサウンドは
東北へも届いていたことと思います。

デイジーさんのウクレレの音色と黒澤さんの津軽三味線のコラボには
惹き込まれました。

被災された方々の苦難を乗り越え、希望へと導いてくれるような
力強くもある三味線の躍動感ある音色に、
優しくそっと寄り添うウクレレの旋律が重なり、心を和ますばかりの
あたたかな旋律となり重なる音色、

そこに、あたたかな空気で優しく包み傷ついた人たちの心を和ましてくださるような
大間ジローさんのサウンドが重なった厚みあるサウンドは圧倒されるばかりでした

被災地に音楽を届けるということも、そして、今もなお届け続けていることは
並大抵のパワーではできないこと、、継続されることがなによりも
簡単なことではありません。。。

デイジーさんと東北で活動してきた中で、音楽のチカラが
明日への活力となるパワーを届けられて、笑顔になる皆様の様子を
現場で何度も変化をみてきました。

心にしまい込んでいた悲しみを涙で洗い流す事も大切なことに
音楽が寄り添う機会にも立ち合うこともありました。

20180311_shibuya06.jpg

デイジーさんの想いもいっぱいに感じたステージでした。

心の奥までに、そっと寄り添い届けられる音楽のチカラ。。
デイジーさんの音楽のチカラも、ハンパありません。

黒澤さんの、現場での様子の、お話にもぐっときましたあとに、
デイジーさんの想いもいっぱいつまったお話にも、
当時のことが甦ってきたりでうるってきそうになってしまったりでした。

個人的には、震災後、いまだあってくれない被災された友達もいるなかで
まだ とざした心のままに、止まったままの心の時計を動かせず
日々を過ごしている方もいらっしゃることを感じています

まだまだ、これから心の支援は必要とも思っています。

天地人やデイジーさんのような音楽のチカラで
エールを送る事は出来なくとも、

自分たちの出来ることで、出会えた目の前の人たちとの時間を大切にし
音楽を通してご縁ある皆様と交流を続けていくことで、
笑顔になれるひとときを紡いで交流活動を続けていきたいと思います。

音楽のチカラは、生きるチカラにもなる。

私もともに東北へも想いを馳せながら沢山パワーをいただきました。

東北へも想いを、鎮魂の想いを込め
素晴らしい音楽のパワーある方々のコンサートでした。


【BLOGの最新記事】
posted by レレサポ at 13:33| BLOG