2017年06月22日

神奈川県立こども医療センターへ

ずっとお邪魔したいと思いながら機会をつくれずにいました場所。

神奈川県立こども医療センターにお邪魔させていただきました。

東北の絆でも、お世話になりますFM戸塚のパーソナリティ 相浦やよいさんに
貴重な機会をいただきました。

神奈川県立こども医療センター
kodomo-iryou01.jpg
患者さんは、県外からだけでなく海外の方も
いらっしゃるそうです、

他の病院では診療が厳しい、
重度の障害のある子供達、
病気をかかえた子供達が利用したり、
親元を離れて長期の入院生活をしたりで、
併設で学校もあります。

近くには、患者さんと家族のための
宿泊施設もあります。
あわせての見学をさせていただきました。

各階をまわらせていただき
担当の方から案内いただきました。

とても貴重な機会をいただいて
入院しているこどもたちの様子も
さまざまな様子、

車椅子で、元気に動き回ることどもたち、
相浦やよいさんには、ラジオの絆の番組の 
「東北の絆」のコーナーでレレサポは
出演の機会をいただいております。

同番組内「ラジオからこんにちは!」にて
こども医療センターと
地域の方を結ぶ番組があります。

パーソナリティ 相浦さんは、
医療センターに機材を運び 
公開生放送されたり、
ハロウィンには、変装してのサプライズで子供達と交流を継続していらっしゃいます。

子供たちに元気を送りつづけ 
寄り添いつづけ
ラジオから いつも元気をいっぱい送りつづけています。

東北へも、こどもたちへも、地域の方々にも、

ラジオパーソナリティーは、
看護師さんと重なるところがあるという
お話をお聞きして、

以前、災害FMで、お話されてる方から
何を伝えたらいいのか
苦悩されたお話をお伺いしたことを
思い出しながら、

ラジオパーソナリティー 相浦さんの
毎週のラジオからエールを送られる
人並みならないばかりのパワーを
改めて感じました。

今回の見学でも、
さまざまな異業種の方々、
ラジオの絆のスポンサーの企業さまとも
ご一緒させていただきました。

いろいろ、お話もさせていただきました。
素敵なラジオの絆の輪のご縁をいただきました

人を繋ぎ、ご縁を繋いでくださいます相浦さんは、とにかくとにかく、
凄いパワーあって
皆さまを元気にする方です。

ラジオを通し子供たちの様子や夢や想いを、
地域の方々にも、届けてくださってます。

相浦さんの取材映像もあります。

以前にも 紹介したかと思います。
 「ラジオからこんにちは!」は
NHKさんで 全国放送で紹介されました。

放送後、相浦さんのもとへ、
さらに関心をうけて
新聞記事でも まるまる一面の記事にも紹介されたりと、番組をみられて感銘をうけてご連絡をされた方もいらしたとお聞きしてます。

毎週、 東北へのエール、 
そして 病気と向き合う子供達へエールを
送り続けている相浦やよいさんとの出会いは
私にとっても大きな存在であります。
kodomo-iryou02.jpg
行動されるチカラ、
人と人をつなぐチカラ、
ラジオからたくさんの愛と元気を届けるチカラ。ハンパありません。。

神奈川こども医療センターへも
たくさんのパワーを
送り続け、人を繋ぎ
皆さまで、応援しようと
輪を繋いでいきます。

ワタシも相浦さんから
パワーをもらうばかりです。

戸塚から東北へのエールを送らせていただく中でラジオに出演させていただき
報告させていただいたり
東北へ活動を続けてきた中で
毎週生放送でお届けされる
東北の絆の番組があることは
大きな支えであります。

そして、今回の見学会では
ラジオの絆のスポンサー会社の代表様はじめ
どうしたらそれぜれに、
社会にてご活躍されている素晴らしい方々
との異文化交流なるなかで、
ご一緒させていただけたのやらで、
貴重な機会をいただいてまいりました。

相浦さんと繋がりある皆さまは、
FM戸塚にてスポンサーされてる有力企業の社長さまとも、同席させていただくなかで

それぞれに、素敵な方々であり
ご活躍されてる皆さまですから、
また、どえらい方々なのに、
気さくにお話をさせていただきました

凄い方は、本当に凄い、
だけに、ふところも、でかい

そして、愛があふれ、社会貢献にも
ご尽力されています

企業の話も、開発の話やらも
それは、それは、興味深いお話も
聞かせてもいただきました、

技術のチカラで、支援されて
医療支援センターには、
しゃべるポストがあり
ラジオの絆へのメッセージボックスを
イラストの方、技術の方、
それぞれに、出来ることで、、
協力しあえて、

誰かの笑顔と元気のために
助けあえることは、
本当に、皆さま、素晴らしい
活動をされています


相浦さんが、東北へ、こどもたちへ
ラジオからこころの支援を
続けられるからこそ

皆さまが、こどもたちを支えたいと
アツイ思いで見学に参加していることが
感じられ、本当に貴重な機会をいただいて
参加させていただきました

まだまだ、これから戸塚にて
活動していく私どもには、
ありがたいほどに、
こころ強いばかりな
出会いをいただきました
出来ることをと動きだしました。

皆様と 地域交流を
紡がせていただけたらと 
今回の機会は ワタシにとって
本当に、大きな1ページの機会でもありました

あまりにも、素敵な方々と
お会い出来たばかりに、
ご縁な話しばかりしましたが、

新しいことに、向き合う機会を
いただきました

重度の病気と向き合う
こどもたちが、笑顔と元気で
活きて欲しいと願い心を寄せ
音楽を通して、レレサポが
出来ることで、なにか出来たらと
思います

同席いただきました総長さまとも
お話をさせていただいたり
本当に、貴重な機会を与えていただきました

相浦さん、ありがとうございます。

協会の活動も 
変わらずに三陸復興への
交流活動は継続していくなかで、
地域で社会貢献活動を軸におきたく
私は、神奈川こども医療センターでの活動を
考えていました。

今回は、スポンサーされてる企業さまの
既に、とりくまれている
お話を聞かせていただいたり
さまざま、いろいろなことを
知る機会をいただきました。

私どもは、音楽を通し、出来ることを

見学で、会えたこどもたちの中には、
一見、この子はなんで入院してるのかなと
わからないくらいに、
普通に振る舞い 挨拶してくれたり

音楽ボランティアの方々が演奏して
くるくる私の周りで 踊りだした女の子が
いたのですが、、
足は、がっつりと、 補助器具て片足を
かためられてたりながらに
音楽を楽しんでる様子や、
ボランティアの方々に歩み寄り
一緒に楽しんでる様子も
見させていただきました。

こどもたちの
さまざまな施設で、
それぞれの空間にて
過ごしてる様子なども、
見学させていただきました

今回 ご一緒させていただきましたおひとり。
NHK 大河原さんの取材映像はこちらから。

すばらしい取材内容です、
相浦さんの活動が 子供たちを元気にしている様子も伝わってきます。

今回、、

私自身が、
地域でも社会に貢献したいという活動の中で、
なにかできないかと思いながら、なかなか動けなかったのですが

この こども医療センターで ボランティア活動が出来たらというのが
かれこれ お邪魔したいと1年以上前から、考えていながらも
ようやくの機会をいただきました。


見学してる移動中にても、
とても貴重な施設の様子を垣間見ることができます

kodomo-iryou03.jpg

ロビーにてみかけました 七夕の短冊の願い。。。

胸がぎゅーっと しめつけられる中で、さまざまな願いを拝見しました。

親御さまからの お子様の健康を思う願いは 親御さまの苦しみさえも
感じるばかりの願いながら、、 このたくさんのオモイが叶いますようにと
願うばかりでした。

学校へ通う子供たちがかえる時間とのなかで見学をさせていただき
病室にランドセルをせおって帰ってくる子供達。

一見 見た目は普通に見えるのですが。。って子供たちもいれば

出来る限り自由に動いてもらって見守っているエリアでは
車いすで 元気にとびまわる子供たちの姿を拝見したり。。

ほんとに さまざまな病棟で 小さな命、子供達が病気とたたかいながらに
元気な様子を活きている、、、 そんな様子を見学させていただきました。


そして ファシリティドッグ 「ベイリー」にも 会えました。
kodomo-iryou04.jpg

こどもたちの検査につきあったり、 歩行訓練を手伝ったり
治療に関わる活動を補助する常勤のベリー。

子供たちのストレスや不安を解消したりと とってもひとなつこく
みんなの癒しともなって 大活躍のファシリティドッグでした

そして。 患者さんとご家族の宿泊施設も お邪魔させていただきました。
すべてがボランティア活動で運営されている施設なのです。。
さまざまな支援、差し入れなどを皆様と共有し、
治療に専念する子供たちにつきそいの家族のココロのケアを
この施設の皆様が あったかい寄り添いのなかで
ご家族のココロの支援にも尽力されていることなど

お邪魔させていただいた際に 
拝読させていただいた
メッセージで、触れる機会をいただき
親御さんの子供への看護の中での 苦しさからの緩和。
寄り添い支えられた様子などを おすそわけいただきました。

入院する子供の兄弟のケアを含めての支援も
とても大事なことを心掛けられていることも
すごく感じました。

子供たちが よりよく生きていくための支援の場にて
楽しく、笑顔と元気を届けられたら、、、 

私自身は まだまだ微力ながらにも
一緒に楽しむということが
出来たらと思っております。

いろいろ 書きたいこともあるなかに
オモイがあまりに巡る中にて

集合前にロビーでボランティアの方の演奏がはじまり
音楽が流れたときに 子供たちが オモイオモイに
集まったり、動き出したり、、
癒しのひとときを楽しみにされている様子を垣間見ましたのも、
印象に残っています

貴重な機会を与えていただきました
小さな命を守る為に
ご尽力されている医療施設にて
改めて、自分たちができることを考える
貴重な機会ともなりました

書ききれませんが心に刻み 
新たな一歩となった
本日の貴重な機会でした、、、

廻りゆく命をオモイながら
小さな命との出会いを
重度の病気に向き合う小さなこどもたちとの
貴重なばかりの一期一会でした

案内くださいました
神奈川こども医療センターの中にて
それぞれヘッドとなり
ご尽力されている皆さまに
案内いただきました

本当に貴重なばかりの機会を
ありがとうございました

posted by レレサポ事務局 at 22:21| Comment(0) | 活動記録

2017年06月02日

レレサポ隊エフエム戸塚「ラジオの絆」に生出演!

聴いてくださった方、応援してくださった方、みなさま、
どうもありがとうございました。

2017年5月27日、
レレサポ隊、無事にラジオ出演を果たしました〜。

土曜9時から生放送のエフエム戸塚「ラジオの絆」。
その中の「東北の絆」のコーナーに出演させていただきました。
パーソナリティはいつもお世話になっている
「相浦やよい」さん。

IMG_4145.JPG

この日は「神奈川県立こども医療センター」の
チャリティープロジェクト
「Run for Kids Yokohama」のTシャツを
着てらっしゃいました。
医療センターでがんばっているこどもたちのことを
知ってほしいと立ち上げたプロジェクトです。
相浦さん、さまざまなチャリティに関わってらっしゃいます。

素敵な相浦さんにリードしてもらいつつのレレサポ隊、
出演の様子を写真でつづろうと思います。

まずはリハーサル。
番組は9時から始まってますが、
レレサポ隊は9:15〜9:30で15分の枠。
その前にちょっとでも。

IMG_4130.JPG

演奏するのはデイジー☆どぶゆきさんの
「オモエサンライズ」。
ウクレレ演奏は奥左からキヨミさん、ミエさん、
DAIGO6(粕田さん)、みっちょん。
リハで緊張感漂う中、
ひとりヨユーなのはラジオ慣れしてきた
代表チカさん。
今回はウクレレ弾かないのもあってかゆとり。
歌も緊張すると思うけれど
ウクレレよりはしないものなのでしょうか。。。

IMG_4135.JPG

IMG_4137.JPG

いざ!
曲がかかっている間に入室し、
体制を整えます。
おちゃらけていられるのもいまのうち!

IMG_4133.JPG

IMG_4139.JPG

スタジオはガラス張りで、外のギャラリーからもよく見えます。
宮古での写真も見える位置に置かせてもらいました。

番組がはじまり、ひとりひとりひと言自己紹介。
撮影者もおまけで名乗りました。

そして協会理事・会計のみっちょんこと武藤から
ウクレレサポート協会についてご紹介。
読み上げるみっちょんと
なぜかカメラ目線でニヤっとしてる代表。

IMG_4143.JPG

代表からも活動についていろいろとお話。
相浦さんとのトークも真面目ながら軽妙です。

IMG_4144.JPG

IMG_4147.JPG

いよいよ「オモエサンライズ」演奏。

IMG_4149.JPG

朝の明るい陽が射し込むスタジオでひびく音。
ラジオ聴いてくださった方にも
いろいろな思い、伝わったことと思います。
レレサポ隊、ばっちりでした。

そしてコーナーは終り、ほっと一息。

IMG_4151.JPG

緊張が解けてすっかりリラックス。
おつかれさまでした。

曲の合間に相浦さんともぱちり。

IMG_2435.JPG

IMG_2437.JPG

写真を見たらわかると思うのですが、
ここのブースで生放送のラジオ内のこと、
曲をかけたりパソコン見たり時間みたり原稿読んだりトークしたり、
というのを相浦さんはひとりでこなしてしまうんです。
すごいですね!
かっこいい!

というわけで、レレサポ隊のラジオ出演、
無事に楽しく終えました。

「東北の絆」というコーナーに出て、
活動を知ってもらえる機会をいただけたこと
ありがたく思っております。
相浦さん、エフエム戸塚さん、ありがとうございました。

そして、聴いてくださった方、応援してくださった方、みなさま、
どうもありがとうございました。
posted by レレサポ事務局 at 17:03| Comment(0) | 活動記録

2017年04月19日

平成28年度 活動のご報告

武藤です。


昨年度もウクレレサポート協会は

沢山の皆様に温かな応援、ご協力をいただき

活動をすることができました。


お会いできた皆様、お世話になった皆様、いつも心を寄せてくださる皆様、

各地で懸命に日々を送っていらっしゃる皆様


活動に大きなお力添えをいただいたり

かけがえのない瞬間をご一緒させていただきましたこと

心より御礼申し上げます。ありがとうございます。


いつも応援いただいてまいりました九州の皆様のもとへ

この夏、逸る気持ちでうかがわせていただきました。
IMG_0144.JPGIMG_0143.JPG

皆様の大きくて強いお気持ちが集結した、くまレレ。

皆様のお気持ちを感じ、胸がいっぱいでした。。。
3月 宮古での交流会でも、応援をいただいてばかりですが

私たちも応援しています。


宮城県仙台市若林区 荒浜
「海辺のウクレレ」「海辺の音楽祭」
主催の海辺の図書館の皆様
会場をご提供くださいます荒浜ロッジの貴田様
いつもありがとうございます。

IMG_0145.JPGIMG_0146.JPG


 arahama17.jpg

arahama11.jpg

arahama01.jpg

アーティストの皆様
素敵な音楽とフラを届けてくださいました。


荒浜地区の再興のため
活動を続けていらっしゃる海辺の図書館の皆様
応援しています。そして、これからも宜しくお願いいたします!

岩手県 宮古市、田野畑村
IMG_0149.JPG
IMG_0151.JPG

IMG_0153.JPG

IMG_0170.JPG

IMG_0169.JPG


宮古市立山口小学校にて
宮古市内の小中学校の皆様による連合音楽会へ向けてのお手伝い
ウクレレ体験教室を開催させていただきました。

IMG_0152.JPG

後日、フラリーパッドさんによるウクレレ体験

IMG_0168.JPG

デイジー☆どぶゆきさんによるワンポイントレッスン

IMG_0173.JPG

そして、連合音楽会にて

山口小学校の皆様、素敵な演奏をしてくださいました。

IMG_0175.JPG

鈴木 昭寿さん

山口小学校、重茂小学校で演奏やウクレレ教室を開催してくださいました。

IMG_0172.JPG

IMG_0165.JPG

そして、3月

IMG_0178.JPG

IMG_0177.JPG

田老児童館 卒園・修了式、そして閉館式に参加させていただきました。

今まで演奏や発表、イベントへの参加など沢山ご一緒させていただき

本当にありがとうございます。


交流会「音楽音伝世 オオキニの絆」

協会設立より5年が経ち

その活動の集大成として、

沢山の皆様に支えていただき

無事開催させていただくことができました。

1.JPG
2.JPG

 4.JPG

5.JPG

6.JPG

7.JPG

8.JPG


震災後、音楽を通じ

交流をさせていただき

温かく迎えてくださり、ご一緒させていただいている皆様


昨年の台風災害で、大きな被害を受けられ、
しかし、そこから立ち上がり前を向いていらっしゃる皆様


皆様とご一緒に笑顔あふれる交流会が開催できましたこと

心から、感謝の気持ちでいっぱいです。


活動を通じ、いただいた絆を大切に

これからも前へ進んでまいります。


皆様

昨年度も、本当にありがとうございました。


posted by レレサポ事務局 at 22:32| Comment(0) | 活動記録