2018年07月08日

浄土ヶ浜旅館再建5周年記念の素敵な曲の贈り物♬ KYASさん作詞作曲 「ふるさとのうた」

さまざまに雨の土砂被害など、ニュースを目にしては
西日本各地での被害にニュースを追っても、おいつかないほどです。

豪雨の被害にあわれ亡くなられた方のご冥福と
被害にあわれた地域の皆様にお見舞いを申し上げます。 
昨日、練習からもどってきてブログでも書こうと思いながら
オンラインのニュースで写真等をみていたら、関東では地震。。 

七夕の夜に、緊急地震速報の音は、いつ聞いても慣れないですね。。
日本各地が不穏な日、、。

当たり前にある日常をふくめて「ある」ときには、
気づけないものほど失うことほど苦しくなりますね。。。

見守ることしか出来ませんが、、

音楽は、甚大なる被害の際や、直後などには、
災害支援のチカラにはならないかもしれませんが、
音楽で支援くださった皆様のおかげさまで、
まちがいなく宮古に光を届けてくれたり、元気を届けてくれました。

活動当初にも、自分自身も自信がないなか
今では考えられないですが、毎月に横浜から宮古へ足を運ぶ際にも
体力的にも精神的にも力つきそうな時にも励まされたのは音楽でした。

心が疲れたとき、、夜に不安で眠れなくなったとき音楽を聴いて
音楽を聴く事で少しでも、気をまぎらしたり、励まされたり
心に癒しが届けられることを願ってます。

私自身は、目の前の予定をこなすことで、自分が出来る範囲、
動ける範囲での社会貢献活動を続けていきたいと思います。
今度の週末から、イベント出演、イベント開催などがはじまります。
あたふたしながら準備に追われてます。

夏祭りの演奏会など、お声をかけていただくなかで、
テーマを教えていただいて、寄り添いたいと選曲したりで
あれこれリサーチしては、リクエストにこたえたくて
無謀にもチャレンジしようと夜な夜な
譜面つくったり演奏会に向けて準備もしております。

さて、いろいろ協会の運営チームの体制の変更のお知らせ等も
させていただいて、とても反響もいただきました。ありがとうございます。

継続しての応援をいただいていることも改めて感謝しています。

引き続き、応援をよろしくお願いいたします。

活動拠点として宮古では一般社団法人ウクレレサポート協会 宮古支部として
お世話になってますのが浄土ヶ浜旅館。

IMG_6456.JPG

先月には、再建5周年を迎えました。
そんななか、さまざまに旅館の皆様も、
お祝いごとが重なってて、良い風がふきこんでます。

旅館から、さきほど、素敵な情報がとどきましたが
また、いつか改めてお披露目できることと思います♬

そして、昨日は、なんとっ。
デイジー☆どぶゆきさんも、久しぶりの宮古入りをされて旅館の皆様はじめ
若女将ともご一緒したようですよ♬


私が宮古へ、足を運ぶたびに、デイジーさんは元気?と聞かれたりと
あいも変わらず宮古の皆様にも大人気のデイジーさんですが、
ひさしぶりに宮古にもどってきてくださったようです♬

そうそう♬ 先月に宮古に足を運んでくださったKYASさんは、
デイジーさんが、国内唯一ウクレレのコンテストで日本一となりました時に、
テクニカル賞を受賞されたのです。

お二人とも、受賞後も、ご活躍の中で、現在は、
ご指導されている方々もご活躍されているという
日本を代表するトッププレイヤーでもあります。

今回、KYASさんが初めて宮古に足を運んでくださったことで
またまた、ウクレレの底知れない魅力をKYASさん自身のスーパーテクニック、
そして、音楽を表現される素晴らしいミュージシャンだからこその魅力でも届けてくださいました。

KYASさんの演奏を聴いた方々からはもちろん
凄い方が来たと聴いてましたとか、こんな世界もあったのかと
ウクレレの魅力を届けてくださって、大反響です!!!

ウクレレって、こんなに凄いことも出来るの??
って それは、世界を旅するウクレレ奏者とも称されるほどに
ご活躍のキャスさんだからなのですけどね。

そして、我らが宮古の人より宮古の人かもまで言われたりの
長きにわたって支援活動でもご一緒してくださっているデイジー☆どぶゆきさんも
素晴らしい繊細なる音色で、心に届ける音色で人の心を癒す唯一無二の音楽と
そして、あれだけの演奏テクニックと歌唱で届けられるウクレレ奏者はおりませんのですよ!
すばらしき世界をもつ方々にいらしていただいている贅沢な宮古です。

それぞれの表現スタイルで、
それぞれに素敵な音楽を届けてくださることをありがたく思います。

日本を代表するご活躍のウクレレトッププレイヤーが
浄土ヶ浜旅館に足を運んでくださっているというわけです♬

今でも、沢山の方に音楽のチカラともなって愛されているパワーソングであります
「オモエサンライズ」はデイジーさんが震災後に、初めて宮古に足を運んでくださいました際に
届けてくださいました曲でもあります。

そして 今回にご紹介をしたいのは、
初めて宮古入りしてくださった素晴らしいトッププレイヤーからの贈り物として、、
先月の再建5周年を迎えた浄土ヶ浜旅館のお祝いにかけつけてくださった方からの楽曲の贈り物です。

世界を旅するウクレレ奏者KYASさんが素敵な曲を届けてくださった曲のご紹介をしたくての
今回のブログのタイトルです。

あれこれ前置きやら既に書いてますが、、、

KYASさん作詞作曲「ふるさとのうた」

演奏を聴いてくださった方から、KYASさんが凄かったと
大反響をいただいてます。
わざわざ、ご連絡いただいたり、感想もいただいたりしていますが
この歌も、すごく良かった、ありがたいと絶賛ものです。

リリースしてほしいと、各所で言われるほどです。

そんなキャスさんから旅館再建の際に届けられた素敵な曲は
既にご報告していたのか、、あれこれとっちらかっていて報告していたら
改めて!!ということでありますが
聴いた方は、あったかい詩に心うたれたりとして
涙ぐんで聴いたりとした方もいらっしゃいました。

宮古支部長 浄土ヶ浜旅館 若女将も とても気に入って、
宮古でのイベントなどでも、ご披露したりしたようですよ。

映像を発見したので、 KYASさん作詞作曲 「ふるさとのうた」
ぜひぜひ、聴いてみてください。


めったに作詞をしないKYASさんが、詞もつけてくださったのです。

さまざまに、宮古の事も理解しようと資料を読んでくださったり、
旅館へのお客様からのコメントなども目を通し
楽天トラベルなどでの浄土ヶ浜旅館の情報なども、拝見したなかで、
宮古を訪れた人が、夕暮れに浜辺に散歩してたりな風景などもいれこみ
旅館に来た方にとって旅館が「ふるさと」であることを込めていたり、
旅行サイトなどでも真心こもった旅館は評価も高いなかで
お料理ともに定評のある旅館の再建のお祝いにふれて
ほっこりともさせられ優しくつつんでくれるような素敵な素敵な歌を
宮古に届けてくれたのです。

宮古で初めてご披露してくださった時の旅館再建5周年の
ディナーショーもレポートとしてまとめましたので
その時も様子も一緒にみてくださいね。


私の練習二日目でのようやく歌えたところ、、ですが
最近 推し推しソング 「浜千鳥」と一緒にお届け中です。
ディナーショーで 演奏してくださったKYASさんの曲がとても素敵だったので
夏祭りの演奏会などに やりたくなって 練習スタートしました。

山本ちか、夏祭りのウクレレショーに向けて練習中。(昨日の練習会レポート)

私も、しっかりKYASさんのような演奏は無理でも影響されております(笑

とにかく音楽って素晴らしいとともに、お人柄もあってこそと
皆様から大反響のKYASさんでありました。
また いつか宮古へも、いらしていただけたらと思います

KYASさん作詞作曲の 「ふるさとのうた」は
NHK盛岡 「まじぇ5時」

そして、FM戸塚で生放送番組からも お届けさせていただいて
リスナーさんからも 好評でしたよ。

エフエム戸塚は アーカイブもあります。


そんなわけで、 素敵な素敵な贈り物ソング 「ふるさとのうた」を
お届けいただきこれから宮古でも歌われていくことと思います。

KYASさん、 本当に ありがとうございました。

そして、旅館の皆様、 引き続き お世話になります!!

ryokan-kansha19.jpg

おまけ。

宮古の特産品などを販売されている かけあしの会と
戸塚(FM戸塚)もつながったようですよ。

【宮古支部の最新記事】
posted by レレサポ at 22:10| 宮古支部

2018年07月02日

2018年後半スタート!!!賛助会員の更新くださいました皆様、ありがとうございますっ!! 

2018年後半がスタートしました。

お詫びからでありますが、、、
お礼のご連絡も出来てないままでいらっしゃる方もいますあせあせ(飛び散る汗)
大変、申し訳ありません!!

今年度の更新もいただいているレレサポ賛助会員の皆様、
本当にありがとうございます!

ともに活動をしてくださろうと今年度も更新くださったレレサポサポーターの皆様。

今年度の更新は、さまざまに状況、環境にあわせて協会の体制も見直しておりますなかで、
活動に賛同いただけたこと、引き続きご支援、応援いただけることに感謝しております。

引き続き当協会の活動に賛同をいただき、ご支援をいただける
賛助会員様の募集をしておりますので、よろしくお願いいたします。

平成30年度の会員様の新規会員様の募集を開始します。

(受付期間 〜 平成30年12月末まで)

当社団法人の定款の規定にて会員は正会員、賛助会員の2種類があります。

(1)正会員
当法人の目的に賛同して入会した個人及び団体


(2)賛助会員
当法人の事業を賛助するために入会した個人及び団体

今回募集するのはこのうち 「賛助会員」です。

正会員は総会の議決権を持つため、理事及び監事、運営スタッフ以外は現在募集しておりません。


賛助会員に関しましては、一口3000円以上でお願いしています。

ご寄付と同様ですが、用途を制限せず幅広く活用させていただきますが、

東日本大震災後に協会を設立し、現在や宮古メンバーが中心となる活動も

増えてまいりました。


宮古支部へのご寄付など、特定のご希望がございましたら

ご寄付というかたちで、ご連絡をいただけましたらと思います。


年会費につきましては、法人の維持費及び活動運営費として利用させていただきます。

交流会や練習会でお預かりした参加費は基本的に実費でいただいておりますので
法人の運営費には回せてない状況になっております。

法人としての運営は、給料などはありませんが、もろもろの事務費用等かかっており
一般社団法人は2年に一度、登記費用もかかります。

交流会や練習会もオープン参加で行ってますが
継続的に法人を運営していくために定款の規定に基づいて会員を募集し、
会員組織で運営しております。

活動の主旨に同意いただき、ご入会をいただきご協力いただけたらと思います。

現在は、活動の様子等は当協会Blog、Facebookページなどで、ご報告をしております。

平成30年度賛助会員様募集 入会フォーム


宮古支部として拠点とさせていただいておりますのが浄土ヶ浜旅館です。
先月、再建5周年を迎えました。ますますの旅館の繁栄も応援しています!

IMG_6456.JPG

協会の運営体制が、運営チームが、宮古在住、または宮古出身のメンバーとなりました。

代表理事 山本千香
理事 兼 宮古支部長 山根千春(浄土ヶ浜旅館 若女将)
理事 あっこさん(兼 宮古支部 事務局)

事務局 どんちゃん(関東在住、宮古市出身)

他 宮古支部メンバーには、 あみちゃん、あゆみちゃんはじめ
心強い仲間がご一緒してくれています

活動当初から、ともに活動を支援くださっていた関東在住の仲間は
復興支援プロジェクトの支援メンバーとして、
ともに、走り抜けてくれました。
さまざまに、時間を費やしてくれて、かけぬけてくれたメンバーは
引き続きレレサポサポートメンバーとして応援くださってます。
コリちゃん、ぴっぴちゃん、みっちょん はじめ、
プロレスでもチャンピオンの 笹目さんはじめ、継続いただき
更新の皆様ほんとうにありがとうございます!

支えてくださった皆様がいてくださってこそ、継続できました。

そして、このように、宮古のメンバーで運営体制を組織できたことは、
活動を通して出会えたメンバー達が、
宮古が大きな被害を受け被災地として、多くの支援に支えて頂いてた頃から
地域のために活動をしてきた、パワフルな仲間だったからともいえます。

今年の春に、横浜市戸塚区にて開催させていただきました音楽交流企画で
そんなメンバーの紹介をさせていただきました。

Facebookでも、メンバーの活躍のヒストリー的な映像を紹介させていただきましたが、
改めて宮古メンバーの紹介とともに、映像を再び♬

今までも、宮古で活動する際には、ともに活動してくれた仲間が運営メンバーとなり、
昨年度まで、事務、会計と武藤が時間をさき、
宮古へ足を何度も運ぶ際にも、持出しの中で宮古を応援しつづけてくれました。

事務局、会計など、それぞれ引き継ぎは、これからなところで
いろいろ、切り替えている中であります。

いろいろ、対応などが遅れていることもありますが、、
私の手がまわらないなかで、ご迷惑をおかけしている皆様には
お世話かけておりますあせあせ(飛び散る汗)
引き続き、よろしくおねがいします。

改めて、後半スタートで、宮古のメンバーの紹介をまとめた映像とともに
いままでも頑張ってくれた宮古メンバーの紹介もしておきます♬

戸塚のチャリティ企画で、九里みほさんが、素敵な紹介文にまとめてくださり
ご紹介をしてくださいました。 そのときのご紹介文をいちぶ
編集してのご紹介です。

ここから。。。。

それでは宮古で活躍している ウクレレサポート協会、4人のメンバーをご紹介します。
まず、お一人目は『みかさん』
2012年3月、ウクレレサポート協会を設立後、
最初のイベントが、被災地での『フラガール』上映会でした。
監督のリ・ソウジツさんも同席している中、『フラガール』を演奏。
みかさんは、フラサークルのメンバーとして参加していました。

その出会いをきっかけに、みかさんもウクレレ始めるようになり、
仮設での慰問演奏会、イベントなどの開催にも積極的に参加。
自分で動き出してくれた一人です。

昨年は、隣の『たのはた村』にウクレレ講師として教えにも足を運んだりもしてくださいました。

県立病院の救急センターで勤務していたみかさん、職業柄、
心身のケアで人に寄り添い、子供たちとの交流も楽しみながら練習を重ねる頑張り屋さん。
ウクレレとフラで地域の方を笑顔にしたいと、一緒に活動くださいました。
現在は、職場を離れて 新たな生活もスタート。
新生活を応援しています!!!
また、ご一緒できる機会もあるかと思いますが、みかさんのますますの活躍を楽しみにしています!
宮古の命を守ってくれたパワフルなみかさんです。


お二人目は、浄土が浜旅館の若女将、『ちーさん。』
岩手の復興のシンボルとしてもNHKのラジオ番組も再び出演がスタートしました!
震災後、旅館が全壊し、宮古を離れ、働きに出ていた、ちーさん 浄土ヶ浜で、
レレサポの名誉顧問、デイジーどぶゆき氏が『オモエサンライズ』を演奏する姿が印象に残り、
その動画を繰り返し観て支えられたていたそう。

2012年5月、集会所の慰問演奏会に足を運んでくださったのが初めての出会い。
ウクレレを寄贈したいと、ご支援いただいた(デイジーさんのホームとも言われる南林間のラスタンザ様より)方の協力で、
ウクレレをお届けし、ちーさんもウクレレを始めました。
旅館再建工事中には、自身が被災者でありながら、慰問演奏会、訪問先への送迎など、
私たちのサポートをしてくれました。

ウクレレの活動以外にも、さまざまな地域のイベントや、
観光PRの活動、宮古の復興の為に駆け回る毎日、海外へも宮古のPRで足を運び尽力しています。
今、宮古でレレサポの活動ができるのも、ちーさんの事前の手配があってこそ。
震災後にも台風災害で再び大きな被害を受けながら、前に向かって走り続け、周りを元気にする、浄土が浜旅館の若女将です。

三人目は、『あきこさん』
きめ細かな気遣いができ、イベントの準備などを安心して任せられる宮古支部、影の大黒柱、あきこさん。

2012年の夏、仮設住宅での群馬からご一緒くださった みちくさやのキャナさんが開催のウクレレ交流会に参加、
そのときには、別会場で活動した山本とは、一瞬だけでしたが、、、
そのときから、ウクレレに興味を持ってくださったのをキッカケに、
レンタルウクレレから始まり、支援をいただいた方からのウクレレを寄贈させていただき、
慰問演奏会では一緒に演奏活動をするようになりました。

現在はレレサポの理事となり宮古での活動をなかなか見えないバックグラウンドの対応を調整いただいては支え、
チャリティグッズの配送、演奏会での譜面の準備、さまざまな雑務をこなしてくれています。
表にでるのは苦手としているシャイなあきこさんですが 抜群の音楽センスと演奏技術で、
練習会のリーダーとしても、頼りになる存在です。

そして、四人目は、あきこさんの娘さま、あみちゃん。
レレサポの事務局 どんちゃんより、『ウクレレを習いたい小学生がいる』と聞き、
お会いしたのが あみちゃんでした。
お母さん、あきこさんの音楽的な才能を受け継いでいて、努力家でもあり、
演奏会でも安定感のある演奏で、メンバーの指導まで任せられるほど頼りになる最年少のレレサポメンバー、あみちゃん。
小学校では生徒会長も務め、震災後の大変な時期にも、市で開催する様々な復興イベントに参加。

常に復興をとげていく宮古市の遍歴の中で、たくさんの経験をし、
演奏活動でも地域の人たちを楽しませてくれる、頼もしい仲間。
そんなあみちゃんも、現在、中学2年生です。

それぞれに、大変な経験、大切な方との突然の別れがある中で 誰かのために、
前へと走り続けてきた仲間がいます。

病院の救急センターで、大切な命と向き合い、日々現場で看護師として活躍してきた、みかさん 。
レレサポの活動の影で、大黒柱となって支えてつつ、素晴らしい演奏でステージでも、
たくさんの方へ音楽で元気を届けてくれる あきこさん。
そして、最年少ながら演奏も安定感のある、あみちゃん。
自身の旅館も津波で破壊的な被害を受け、さらに一昨年の台風災害でも、
大きな被害を受けながら、前へ前へと、周りの方を希望へと導き、
復興のシンボルとしても、輝き続けてきた、浄土が浜旅館の若女将 ちーさん。


どれだけ大変な経験をしてきたかも、想像がつかない中で、
今、ともに活動ができることが、ウクレレサポート協会を継続してこられた力でもあります。

被災された方の心の支援はこれからです。
音楽を通し、笑顔と元気を届けられるような活動を続けていけたらと想います。


それぞれの地域で、誰かを笑顔にしようと地域を活性化、見えるものは復興をしてきた中でも
心の支援はこれからです。復興へと向かう中で
宮古のメンバーの活動も応援いただけましたら嬉しく思います。

紹介文を目にしていただき、スライド映像を見ていただけたら、
より宮古のメンバーの今までの活躍ぶりなども、お伝えできるかと。
(本人達に、けむたがられそうですが、、宮古メンバーの活躍を紹介したいのです♬)

たくさんの方に映像も見ていただいたようで、再生回数も 500回をこえてましたので
既に、観ていただいた方もいらっしゃるかもしれませんが、 再度、ご紹介♬



今年の夏にも、イベントの出演依頼もいただいたりと、
今年度も 宮古支部長を中心に青学の皆さまとの宮古市での慰問ツアーも展開されたり、
田野畑村からも、嬉しいお誘いをいただいたりと、
さまざまな予定も、きまっていたり、調整中でおります。

それぞれに、本業があったり、子育てや家の事情もあるなかでも
時間を調整し、ともに活動を重ねてきてくれた皆様です。

引き続き、無理なく息の長い活動となり、これからも音楽を通し
地域の活性化に寄与できる活動を続けて行きたいと思います

宮古においては被災地から、観光地となり、
さまざまに復興へと向かうなかにおいても、魅力ある宮古を紹介したり
多くの方に足を運んでもらえるようなご紹介を通し、宮古を拠点にはもちろん、
そして、宮古市出身の私(山本)自身は、
地域の活性化へとも貢献できる社会貢献活動を継続しながら、
横浜からも宮古を、ご縁ある地域で活動する機会や、さまざまな地域のことも紹介したりが
地域を応援、活性化とつながると思い、これからも、私自身はブログを中心に発信し、
宮古のメンバーとも連携し、これからも、宮古を応援していきます!



ということで、引き続き レレサポの活動は、それぞれが出来る時に
続けてまいりますが、誰かの笑顔のために、これからも活動をつづけていく中、

皆様のご理解とご賛同をいただけましたら、協会へのご支援、応援を
お願いできたらと思います!

山本も、この夏は、なんとっ。

今年度のカレンダーのイラストも描いてくださって
宮古のメンバーも、とっても喜んでましたが、

いつかご一緒したかったイラストレーター taemiちゃんと
東北で一緒に活動ができそうです♬

taemi.jpg

山本自身は、ご縁ができた地域とも、繋がっていきます。
宮古ももちろん大切な故郷ですが、宮古メンバーにたくしながら、
宮古のメンバーとも、他の地域へも足を運べる機会をつくれたらなと思いながら、
さまざまなご縁をいただいて、応援、ご支援もいただいてます。

私自身が活動を続けることが出来た皆様との出会いと
ご縁を大切に紡がせていただきながら、恩返しとなる活動を引き続き
継続し、なかなかお邪魔できなかった地域へも足を運べたらと思っておりおます。

応援くださる皆様、今年度も更新くださった皆様からも、
たくさんパワーとご支援をいただいております。

今年度も、、、って今頃書いている新年度向けのあいさつですが、、、

今年の後半も、がんばります!!!

北海道のあんさん、仙台のあらさん、京都のしゅうこさん。
各地域の皆様からの応援にも感謝いっぱいです!!!

そして、なにかと、ご一緒してくれる活動当初からのレレサポメンバーのサポートあって
継続してこれました!

引き続き、よろしくお願いいたします。

みなさま、本当に本当にありがとうございます!


一般社団法人ウクレレサポート協会 山本千香
posted by レレサポ at 23:51| ┗ 協会より
■レレサポ宮古支部のメンバー、活動の紹介
 
  ■レレサポアニバーサリー音楽交流会(2017年度)  
  ■レレサポ春のウクレレ演奏会(宮古支部/2018年度)  
■岩手から熊本を応援!!!(田老児童館の皆様と)
 
■重茂の灯台公開日にウクレレ演奏会を開催! 『オモエサンライズ』  
■海辺の音楽祭(仙台市荒浜) ーレレサポー (2016年度)  
■たくさんの方に、支援、応援いただきご一緒させていただいてます NHKスマイルキャラパンにて岩手県宮古市重茂児童館にて「ありがとうの花」
 
■東北へ、「オモエサンライズ」を通し音楽で想いを元気を届け続けてきました。