2018年07月01日

【住田のことと、参戦レポート】すみたのごはん、『あがらっせ』 へ。 

ふらりと行きたいと思いながらも、
なかなか機会をつくれずにおりましたが

昨日は 赤坂に、気になっていた岩手県住田町がやってきたー♬

というところで、岩手県住田町のおいしい食材と
住田の人、住田が大好きな人、そしてこれから住田のファンになる人(笑)たちが
あつまって、おいしくワイワイ、赤坂に6月にオープンしたばかりの

東北酒場 トレジオンポートにて、私も、楽しく美味しく
過ごしてまいりました。

楽しすぎて、ほとんど写真もとらずに堪能してきました。
現場のレポート写真も、ほとんどありませんが、

ご一緒くださいました、画道師範のnaomiさんの
ご報告レポート写真を、お借りしますあせあせ(飛び散る汗)

EE15480C-D5A9-4D6D-97E2-25892DD10C45.jpeg

naomiさんが、現場から、当日お会い出来るかとおもっておりましたら
住田のKerasse でした坂東シェフと、
昨日は、高級食パン専門店「考えた人すごいわ」のオープン当日で
到底、お誘いできるはずのなかったオーネスティグループの大舘社長様に
ご報告用にと写真(写真レポート)と実況報告をされていました。 
さすがの気配り Naomiさんです。

私は、すっかり現場で楽しみまくっていて、ようやくの報告ですあせあせ(飛び散る汗)

そして、オーネスティグループ 大舘社長さま、
オープン前からメディアでも多数に取り上げられていまして
昨日も、午前中には完売されたと聞いて赤坂行く前に足を運ぶのは
断念しましたが高級食パン専門店のオープン おめでとうございます!!!!

高級食パン専門店 「考えたひとすごいわ」

いやはや、盛岡製パンの大人気の中で、
高級食パン専門店をオープン! 本当におめでとうございます!


そしてそして、

昨日は、デザイン企画やら、お世話になっているみまきさんも
ご一緒いただき、みまきさんが東北出身で戸塚在住のお友達と
一緒に参戦くださり、楽しくゴー、ゴー、五人で参戦してきました。

Naomiさんとみまきさんは ぜひぜひご対面してほしかったので
ようやくの機会になって、うれしゅうございました♬

住田町は、人口約5600のちいさな町、
住田町のおいしい食材と楽しいお話を携えて
Tregion Portをジャックします。ということでの
一般社団法人 SUMICA 企画で開催されました♬

一般社団法人SUMICA

SUMICAの管理する住民交流拠点施設 まちや世田米駅にて
デイジー☆どぶゆきさんとポリネシアンダンス教室 レイアロハのHarunaさんとお邪魔して

すみたのだいどころ Kerasseにて 
クリスマスディナーショーを開催させていただきお世話になっております。

kerrase02.jpg

kerrase01.jpg

また、行きたいと思いながら、なかなか機会をつくれておりませんが
Kerasse の皆様、お世話になりました♬♬

もんのすごくいいところなのです♬ 空気、町並み、自然に恵まれているところ。

人も、みんなあったかくて、ほっこりする居心地良さはんぱのない素敵なところです。

sumita02.jpg

住民交流拠点施設 まちや世田米駅
一般社団法人SUMICA

東京赤坂に、 Kerasse の皆様がいらしゃって
すみたの食材をいただけるなんてことで、お邪魔してまいりました。

そして、会場も気になってました東北酒場!!!

東北酒場 トレジオンポート

こりゃ、行くしかないと参戦させていただきました。

全メニュー制覇に近いところで あれこれ、オーダーして堪能してまいりました。

おいしぃ食事を通して、そして、会場で 住田町の紹介や、スタッフさんの紹介で
ますます、住田のことが好きになった方も多かったことと思います。

sumita03.jpg

岩手県は四国とほぼ大きさが同じ。

先月、KYASさんが高知から岩手入りしてくださって
花巻空港から宮古へ移動は、、3時間はかかるということで
びっくりしていました、、 岩手は、広いのですよね、、

その中で、住田町から宮古も、結構かかりますあせあせ(飛び散る汗)

住田町を知り、好きになった私ですが、
素敵なご縁を紡いでくださったのは、横浜市港北区 菊名にあります
三陸ワイン食堂レアーレさんです。

坂東シェフのお料理教室は、レアーレで不定期に開催されていますが
毎回、大人気のお料理教室です。

三陸ワイン食堂レアーレ

kikuna01.jpg

お料理教室に参加させていただきオーネスティグループ 大舘誠社長様が、
坂東シェフをご紹介をくださってご縁をいただきました。

坂東シェフは、レアーレのメニューなどもコーディネートされている
フードプロデューサーとしても大活躍の人気シェフなのです。

坂東さんは、さまざまにメディアにもとりあげられる方で、
震災後に住田町が、陸前高田等から、被災された方々をいち早く
仮設住宅を建設しました。
被災者をうけいれたりとしたそちらの仮設住宅へ、
料理で元気を届けようと、支援活動にも動かれた方です。

sumita02.jpg

住田町とのご縁が紡がれ、住田町に移住されて すみたのだいどころは
遠方からも、人が足を運ぶ、話題のスポットとなりました。


BC41247A-1D4B-439E-8ACA-74B48BBFFF1B.jpeg

4CFDE73E-2A44-4D81-88CD-A5C5F87226B3.jpeg

昨日は、坂東シェフは 住田町の すみたのだいどころ Kerasseでがんばられていたなか
メニューなどは 坂東さんが考案したものだったりと、下準備などでも
ご一緒されたお食事を 赤坂でいただきました♬

会場では、住田町の一般社団法人 邑サポート他、さまざまに活躍の
奈良さんにもお会いできたり.
奈良さんには、2月にも、宮古でバッタリと浄土ヶ浜旅館で同じ日に
宿泊していたりとお会いしたのでしたが、お会いできて嬉しかったです♬

201802_miyako.jpg

奈良さん(真ん中)

邑サポート

そして、
今回の主催の代表 村上さんは、
知る人ぞ知る 岩手で大規模な音楽フェスを開催し
地域活性化へと、ご尽力されている方。

1224_sumita15.jpg

今回、、すっかり楽しみすぎててオフタイムモードでしたのでうっかりと、
記録的にも写真も撮ってこなかったので、前回に住田町にお邪魔したときの 村上さん(右)です


今年も、豪華な出演者が登場しますケセンロックフェスティバルが
2週間後に開催されます!

ケセンロックフェスティバル 

平成30年7月14日(土) 雨天決行
開場9:30
(二日通し入場券でご来場のお客さまは開場時間が9:00となります。)
開演10:30
終演19:00(予定)

開催場所
種山ヶ原森林公園 種山ヶ原イベント広場 特設ステージ
(岩手県気仙郡住田町世田米字子飼沢 30-39)

2日目
平成30年7月15日(日)雨天決行
開場9:30
開演10:30
終演19:00(予定)

開催場所
種山ヶ原森林公園 種山ヶ原イベント広場 特設ステージ
(岩手県気仙郡住田町世田米字子飼沢 30-39)


tt.jpg

サンボマスター!! フェスで聴いてみたいです!

先日、宮古へも足を運んでくれてましたBRAHMAN!!


顔1(うれしいカオ)もう、生で聴きたい方ばかりが登場です!!!!


会場は、種山が原。

種山ヶ原といえば、宮沢賢治さん!


ゆかりある地でもあります。

私も、いつかウクレレをみんなで弾いて
楽しみたいなんていうちっちゃなことでも、ウクレレ交流会を
ピクニック気分で足を運び種山が原でやりたいですな憧れの場所です顔1(うれしいカオ)

顔1(うれしいカオ)ケセンロックフェスティバル、今年も盛り上がることを
影ながら応援しています!!!

音楽で地域活性化!! 食事で地域の魅力を紹介!

とっても魅力いっぱいの住田町です。

住田町、また行きますね、おいしい食事で満喫でした♬

今回は、ご一緒したかった方と、お邪魔して
楽しく美味しくの時間でした。

ご一緒くださった naomiさん、
みまきさん、みまきさんのお友達さんたちにも感謝でした!

ありがとうございました♬
【BLOGの最新記事】
posted by 山本 at 13:18| BLOG

2018年06月28日

ひとつの節目。新たなステージへ。 ー6月30日、荒浜再生を願う会の解散式 ー

宮城県仙台市、荒浜再生を願う会の皆様と、
年に何度か、足を運ばせていただき
ご縁を紡がせていただいております。

1103_sendai01-thumbnail2.jpg

荒浜の地区の皆様が、仮設住宅にお住まいの頃に、 荒浜再生を願う会の皆様とも
お会いできてから、私たちは年に数回に仙台、荒浜へ足を運ぶ中で
ご縁を紡がせていただいてまいりました。

umibeno-ukulele04.jpg

私ども、一般社団法人ウクレレサポート協会では
宮城県仙台市、荒浜再生を願う会、海辺の図書館の皆様と、
海辺のウクレレを開催させていただいおります。
今年の2月にも、共催にて ハマレレ ー海辺の音楽会ーを開催させていただききました。

ご案内のご連絡もいただきましたが、ひとつの節目を迎えるとのこと。
6月30日に 荒浜再生を願う会の解散式を開催されます。

毎週のようにさまざまな荒浜でご尽力の活動の様子も
オンラインで拝見しておりました。

荒浜には、荒浜再生を願う会の皆様の活動があって
足を運ぶ方々が増えているのを
毎回に足を運ぶたびに感じました。

荒浜の空気が、とても軽くなっていることも、、、

さまざまに荒浜での時間を楽しまれたりと
人がもどってきているなかで、 解散
ひとつの役目をおえて、新たなステージへ向かわれて行く事と思います。

足を運ばれる方を大切にし、荒浜を再生しようとご尽力されれきた
活動があってこその、私たちも荒浜と繋がることができました。






今年の2月にレレサポアニバーサリー音楽交流会を昨年に再建されたセンターハウスにて
開催させていただきました。



初めて、荒浜へ足を運び、ともに活動してくれた仲間たちは、
まだまだ深い東日本大震災の爪痕を実際に目をして、
それぞれに、言葉にならない想いもあったようでした。

出来る事をこれからも続けていきたい、
やっとこれて良かったとそんな話もしてくれました。

荒浜は、瓦礫の山は取り除かれたものの、まだまだ手つかずの場所もあり、
かつて住宅があった場所の、家の塀などものこり、、
津波被害の爪痕がのこされたまま残されてもあります。

そんな様子をみて言葉にならない想いと、
自分たちの出来る事で改めて現地でも感じた想いで
胸がいっぱいになりながらも、楽しんでもらおうと精一杯演奏してくれました。

荒浜に足を運び、改めて、これからも続けていきたいと話してくれた仲間もいます。

ご来場くださいました皆様に、施設の方に、
とても、喜んでいただき、それぞれに また足を運びたいと
思ってくださった方もいます。 

音楽を通して、荒浜へも、また機会がありましたら
足を運べたらと思います。

2月に開催したイベントを知り、震災後に初めて荒浜に
足を運んでくださった方もいらっしゃいました。

これからも、荒浜で出会えた皆様と、繋がり続けていけたらと思います。

荒浜再生を願う会の皆様がいてくださったこそで、回を重ねることが出来た私たちです。

私たちの活動も、、最初に荒浜で開催するということは、、
とても、簡単なことではありませんでした。。

最初は、、この地でウクレレを通し、音楽を通し、被災された地を癒し
元気を届けようと想いはあるものの、
ただただ 足を運ぶのがやっとの荒浜でした、、

その地を、その地で生活していた皆様が、
再生しようと動き出している活動のエネルギーパワーに
たくさんの方の心を動かされ 何度も足を運ばれる方も多くいらしたと思います

私どもの活動も、支えられてこそ、その地、その地の方々と
ご縁があるこそで、続けておりますが
活動当初 荒浜は、、音楽を通してお邪魔してもよいものかと
迷いもありました、、、

ウクレレを通して音楽交流会を開催することは、簡単ではありませんでした。

その中でも、ご一緒してくれて音楽やウクレレを通しての交流活動の機会の扉を開いてくれたのは
海辺のウクレレを開催する機会をくださったデイジー☆どぶゆきさんのお力添えでした。

荒浜の皆様にも、多大なる音楽のチカラで元気を届けられた
デイジーさんは、 荒浜で出会えた皆様からも、
音楽が活きるチカラとなり、デイジーさんが荒浜を応援し続けてくれるから励まされると。

自分たちも、頑張ろうとパワーをもらえると、、そんな話もしてくださった方も顔1(うれしいカオ)

hamalele01.jpg

音楽がその地域へ、その地域の方々に、被災された傷ついた地を癒し
誰かの癒しとなり活力となるパワーを注げることが出来たのは、
デイジーさんの音楽のチカラがあってこそでもありました。

0916_sendai-umibe14.jpg

2月には、、それぞれに、活動の道筋をつくっていただいたからこそ、
レレサポメンバーが中心にイベントを開催し、
荒浜でも音楽、ウクレレを通して交流会を開催することもでき、回を重ねてきました。

当初の私は、なにもなかった荒浜に傷ついた地に
足を運ぶのも、最初は、、あまりの被害の大きさを目の前にして
言葉も失い引き返そうとしたこともありました、、 

当初は、足を運ぶことさえやっとでしたが、センターハウスで
音楽交流会を開催できたことは、仲間がいてくれたからこそでもあり、
たくさんの方がお力添えいただいたことで開催することもできました。

それぞれ皆様が新しい生活に向かっているからこその
ひとつの節目も向かえられたことと思います。

荒浜で皆様と音楽を通して楽しいひとときを過ごす機会を作れたらと思っております、、、

0723_umibe-ukulele03.jpg

海辺の図書館の皆様とも、ご一緒させていただいてこそ
荒浜での音楽交流企画を開催できました。

image-f07a2.jpeg

多くの方が被災されて犠牲にもなられた荒浜に想いをよせて
これからも応援し、忘れずにいます。


2月の開催は、オーネスティグループのお力添えがあって開催する機会をいただきました。

haruna.jpg

そして、私は私で、多くの方々にお力添えをいただき荒浜に
音楽を届ける機会をいただいてきたことを改めて、感謝の気持ちでいっぱいです。

荒浜での活動で、
アロハなひとときを届けてくださった、
奥州 ポリネシアンダンス教室 レイアロハの 主宰 HARUNAさんを
はじめ、ご一緒くださった方々、 レレサポの皆様、 本当に 沢山の方が
かかわってくださいました。

私たちの音楽交流活動に賛同いただける皆様に、ご理解とお力添えをいただき
そして、私自信も、チカラをつけてまた、お邪魔できる機会をつくれたらと思います。


さまざまに、新たな船出となり、ご尽力されてきた 荒浜再生を願う会の皆様の
ご尽力あって、荒浜には、笑顔もあふれ、皆様が集まり
それぞれに、新しいステージへと向かい、それぞれの再生へとも向かわれていったことと思います。

本当に お疲れさまです。そして沢山のパワーも私たちこそ、いただきました!
ありがとうございました。

30日には、お邪魔できませんが、 「荒浜再生を願う会」の皆様、本当におつかれさまでした。


感謝をこめて
posted by 山本 at 12:16| infomation
■レレサポ宮古支部のメンバー、活動の紹介
 
  ■レレサポアニバーサリー音楽交流会(2017年度)  
  ■レレサポ春のウクレレ演奏会(宮古支部/2018年度)  
■岩手から熊本を応援!!!(田老児童館の皆様と)
 
■重茂の灯台公開日にウクレレ演奏会を開催! 『オモエサンライズ』  
■海辺の音楽祭(仙台市荒浜) ーレレサポー (2016年度)  
■たくさんの方に、支援、応援いただきご一緒させていただいてます NHKスマイルキャラパンにて岩手県宮古市重茂児童館にて「ありがとうの花」
 
■東北へ、「オモエサンライズ」を通し音楽で想いを元気を届け続けてきました。